2015年10月25日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

菊は一時の恥、聞かぬは一生の恥。

ということで、菊花賞ではどんな頭のおかしい予想をしても恥ずかしいのはその場だけなので、他人の目を気にせずえげつない予想をしましょう(爆)

さて、いつものウチの予想記事といえば、散財だの、100万馬券だの、\アッカリ〜ン/だの言いながら予想しているが。

菊花賞は、ウチの中では全GIで最も相性のいいレース。

だから、たまには真面目になんか言ってみる。


菊花賞は言わずと知れた3000mの長丁場。

「最も強い馬が勝つ」といわれるように、馬が持っているポテンシャルが問われるレース。

その馬のポテンシャルを見る指標のひとつとして血統がある。

と言っても、単に長距離血統がどうかというわけではなく、血の厚みという血の底力のようなもの。

サラブレッドは、当たり前だが、血を重ねられて生産されている。

伝統というものは、単に古いものを守っていても価値は無く、歴史を積み重ねて厚み重みが増すことにより価値が生まれるもの。

同じように、サラブレッドが単に血が次世代に送られるだけではその場限りの軽い馬しか産まれない。

各世代の祖先の血が蓄積されてより優れたサラブレッドが生産される、それが血「統」というのである。

菊花賞では、その血の蓄積が距離適性を凌駕することもある。

血が巡り重なり融合する。

菊花賞は、競馬の醍醐味のひとつである血のドラマを魅せてくれるレースなのかもしれない。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (1)