2016年05月29日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿

さて、年に一度の競馬の祭典ダービー。

競馬に携わる者にとっては特別なレースとは言われるけど。

しかし、それは逆にいうと、馬券的にはウチにとっては鬼門中の鬼門。

本当に、このレースはカスリもしないくらい相性が悪い。

せいぜい、2007年にウオッカとアサクサキングスを買い目に入れていたくらいか。

ということで、今日くらいは楽しむ競馬に徹してもいいかなと思う。

どの馬なら当たるとか、どの馬なら100万馬券だとかじゃなく、好きな馬を買ってレースを見るのを楽しもうと。

皐月賞で軸にしたアドマイヤダイオウとドレッドノータスは2頭とも回避。

取捨を気にすることも無くなった。

来週から、また、2ケタ人気馬とか100万馬券とか、えげつない世界に身を置くことになる。

年に一回、今日くらいは、レースそのものを楽しんでも良いのではないか。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:27 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2016年05月22日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 優駿牝馬

先週のヴィクトリアマイルは、ストレイトババァが勝利して連覇達成。

明け7歳で引退撤回して現役続行させた上のGI勝利はたいしたものだと思う。

それに比べて、メイショウマンボさんは早く休ませてやれよ・・・

馬券的にはボロボロだったけど、府中マイルの要件である、

・高速決着ならスプリント路線組
・フジキセキ産駒
・このレースはリピーター推奨

このあたりは継承されたので、来年も参考にしよう。

ウチの推奨馬のウリウリとレッドリヴェールは13・14着と散々だったが。

しかし、レッドリヴェールは、果敢にハナに出るチャレンジを見せてくれたので、負けてもよくやってくれたと思う。

さて、今週から2週連続の鬼門、牡牝のクラシック頂上決戦。

ウチにとって、府中2400mがダメなのかと思ったけど、同舞台のJCは馬連2万3000円獲ってるのと三連単13万馬券2cm差1・2・4着があるから、コースのせいじゃない。

やはり、クラシックという品格とウチの下賎な馬券とが絶望的に合わないということだろう。

まあそもそも、軸馬2頭とも2ケタ人気馬とか、合う合わない以前の問題な気もするが(爆)

オークスは、過去10年で2ケタ人気馬が馬券に絡んだのは、2008年の13番人気エフティマイアだけ。

今回は、大人しく、2ケタ人気馬は1頭だけにしておこう(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 優駿牝馬
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:19 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2016年05月15日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ヴィクトリアマイル

先週のNHKマイルCは、メジャーエンブレムとロードクエストの1・2番人気コンビの決着。

あれほどメジャーエンブレムのペースを乱せと言ったのに、完全に自分のペースで走らせてしまったら誰も敵わない。

シゲルノコギリザメがもっと突っついて行ってれば面白かったかも知れないが。

それにしても、逃げ切りと後方追い込みという脚質が全く異なる馬同士の決着で、やはり強い馬は展開に関わらず強いということか。

しかし、ウチが推したブランボヌールは、15番人気でありながら、見せ場ありの0.3秒差6着なら健闘だと思う。

馬券的にはカスリもしなかったけど、府中マイルGIの攻略法は間違ってなかったとも思う。

ということで、府中マイルGI敗者復活戦、ヴィクトリアマイル。

舞台が同じなので、基本は先週のNHKマイルCと同じ考え方で予想する。

あとは、このレース固有の傾向も加味して。

そして、これが一番重要かもしれないが、初志貫徹。

自分のスタイルで予想して最終候補まで残したにもかかわらず、「さすがにこんな人気薄は来ないだろう」と、人気薄を理由に切って失敗したことが何度かある。

・人気薄を理由に候補を切って失敗した例 → 2007年NHKマイルC18番人気ムラマサノヨートー3着、2008年秋華賞16番人気プロヴィナージュ3着。

・人気薄でも果敢に軸にして成功した例 → 2009年NHKマイルC10番人気ジョーカプチーノ1着13番人気グランプリエンゼル3着(31万馬券的中)、2014年安田記念16番人気グランプリボス2着(37万馬券的中)。

今回、あえて「初志貫徹」を強調したのは、まあお察しの通り、いつものように自分のスタイルで予想をしたら、とんでもなくえげつない馬が軸になっちゃったから(爆)

しかし、上記の例を見ての通り、府中マイルGIはどんなえげつない馬券でも初志貫徹すれば結果は付いて来る。

まあ、わざわざ、ウチの予想を見に来る人はそれを期待してるんだろうし、馬券は当たらなくても予想を笑われたら勝ち(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ヴィクトリアマイル
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:23 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2016年05月13日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 京王杯SC

今週も、気紛れ土曜重賞予想がやってまいりました。

以前に、ウチの知人がこの京王杯SCを府中適性だけで選んだ馬の三連単ボックスを買って7万馬券を当てたことがあった。

実際のデータはどうか知らないけど、それ以来、このレースはNZTと並んで荒れるGIIレースという認識。

そんなことを思い出して、今年はちょっと買ってみようと。

まあ、気楽な予想なので、当たるか当たらないかは二の次でいい。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 京王杯SC
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:23 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2016年05月08日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC

先週の春天は、○を打った13番人気カレンミロティックが2着に突っ込み、キルトクール馬の1番人気ゴールドアクターが12着に沈んだ。

三連単が24万馬券だったとはいえ、2番人気キタサンブラックが勝って天皇賞としての矜持が守られたあたり、伝統と格式にはウチは手も足も出ないということか。

しかし、今週は一転、裏GIの祭典NHKマイルC。

しかも、ウチにとって馬券的に最も相性が良いと思われる府中マイルGI。

せっかくなので、いつもの「三連単本線600万馬券」みたいな2ケタ人気馬を軸にするような頭のおかしい予想ではなくて、ちゃんと「競馬予想」をしてみよう。

ということで。

府中マイルといえば、タフさが要求されるコースであり、単なるマイラーよりも中距離適性のある馬が来るとされる。

確かに、最後の直線の長さに途中の坂、これを乗り切るのにはバテないことは重要にみえる。

しかし、府中は広いコースで、スピードに乗ったままスピードをスポイルされずにゴールまで走り切ることが出来る。

ということで、タフな中距離適性馬よりも、スピードで凌駕出来る短距離適性馬に目があるのも府中マイルの特性。

スピード馬なら直線でバテるおそれがあるが、結局、スピードに乗ってバテる前に早くゴールしてしまえば問題ない。

つまり、時計勝負になればなるほど、短距離適性がモノをいう。

今年のNHKマイルCは、明確な逃げ馬がいるし、スピードを抑えずに走ってナンボの有力馬もいる。

スローにはならずに、比較的バラける展開になると予想される。

スピードに容易に乗れるし、バテる前にゴール出来る時計勝負になる。

普段の府中マイルなら、このコースの鬼ディープインパクトに、キングカメハメハはもちろんだが。

スピードの申し子サクラバクシンオーと、府中マイルGI4勝が1:31.4、1:31.9、1:32.5、1:33.7、の高速決着向きのフジキセキの血が騒ぐ今年のNHKマイルC。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:48 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2016年05月01日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(春)

さて、伝統と格式のある天皇賞。

特に、春はかつては「古馬の祭典」と呼ばれ、華やかさと厳かさを持つレースであった。

今でこそ、単なるステイヤーのチャンピオン決定戦となってしまったが、やはり、天皇の名を冠するレースであるから、畏れ多いことには変わりない。

要するに、人としてどうかと思う予想をする低俗なウチにとっては、相性が悪いということ。

そのくせ、過去10年で1番人気が馬券に絡んだのがわずか2回で、三連単10万超が8回とかいう荒れまくり。

高尚にえげつない穴馬を狙うという、無茶振りな予想を要求されるレースだけに、どう予想すべきか思案のしどころ。

まあ、えげつない馬ありきでこじつけ予想ではなく、今回は真面目に展開予想をしてそこから馬を選ぶというスタイルで。

あとは、たまにウチが展開で予想するとドンピシャで嵌るというパターンに期待。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(春)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:27 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)