2016年05月08日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC

先週の春天は、○を打った13番人気カレンミロティックが2着に突っ込み、キルトクール馬の1番人気ゴールドアクターが12着に沈んだ。

三連単が24万馬券だったとはいえ、2番人気キタサンブラックが勝って天皇賞としての矜持が守られたあたり、伝統と格式にはウチは手も足も出ないということか。

しかし、今週は一転、裏GIの祭典NHKマイルC。

しかも、ウチにとって馬券的に最も相性が良いと思われる府中マイルGI。

せっかくなので、いつもの「三連単本線600万馬券」みたいな2ケタ人気馬を軸にするような頭のおかしい予想ではなくて、ちゃんと「競馬予想」をしてみよう。

ということで。

府中マイルといえば、タフさが要求されるコースであり、単なるマイラーよりも中距離適性のある馬が来るとされる。

確かに、最後の直線の長さに途中の坂、これを乗り切るのにはバテないことは重要にみえる。

しかし、府中は広いコースで、スピードに乗ったままスピードをスポイルされずにゴールまで走り切ることが出来る。

ということで、タフな中距離適性馬よりも、スピードで凌駕出来る短距離適性馬に目があるのも府中マイルの特性。

スピード馬なら直線でバテるおそれがあるが、結局、スピードに乗ってバテる前に早くゴールしてしまえば問題ない。

つまり、時計勝負になればなるほど、短距離適性がモノをいう。

今年のNHKマイルCは、明確な逃げ馬がいるし、スピードを抑えずに走ってナンボの有力馬もいる。

スローにはならずに、比較的バラける展開になると予想される。

スピードに容易に乗れるし、バテる前にゴール出来る時計勝負になる。

普段の府中マイルなら、このコースの鬼ディープインパクトに、キングカメハメハはもちろんだが。

スピードの申し子サクラバクシンオーと、府中マイルGI4勝が1:31.4、1:31.9、1:32.5、1:33.7、の高速決着向きのフジキセキの血が騒ぐ今年のNHKマイルC。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:48 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)