2017年05月28日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿

さて、今年も競馬の祭典ダービーがやって来た。

まあ、ウチにとっては、やっぱり鬼門レースだけど。

それでも、2007年のウオッカとアサクサキングスであわや、ってのはあったけどね。

結局、ダービーはお祭りだから、好きなように予想して好きなように馬券買って、当たろうが外れようがレースを楽しむ、のが良いのかも知れない。

今年のダービー出走馬の臨戦過程は、皐月賞、青葉賞、プリンシパルS、NHKマイルC、毎日杯の5種類。

NHKマイルC組は、いずれも惨敗からの参戦で、巻き返し要素が見当たらないので、バッサリ無印に出来る。

いずれもえげつない人気薄なので、ウチとしては3着に突っ込んで来てくれるなら歓迎だけど、連対されたらしようがない。

毎日杯組は、2着馬が1頭だけだけど、時計は優秀で勝ち馬はその後に皐月賞を勝ってるから意外と侮れない。

しかし、間隔が2ヶ月空き、前走がGIIIというのはマイナス要素で、その割りに人気し過ぎているので妙味がない。

プリンシパルS組は、勝ち馬1頭のみの出走で、レースレコードでの走破で時計的にはレベルが高いと思われる。

が、ペースは中盤が速く上がりが掛かっていて、ダービーでは真逆の展開になりそうなのでダービーペースには不向きかも。

青葉賞組は、レースレコードはおろか3歳春の2400m戦では歴代トップクラスの時計。

これも、プリンシパルSと同様なペース配分で、同舞台同距離のトライアル〜本番はペースが異なり結果が直結しない法則が当てはまる。

ということで、やはり皐月賞組。

ただ、皐月賞はある意味特殊な馬場状態での高速決着だった。

中盤が速かった上に、上がりも前が止まらなかった。

前目で上手く立ち回った馬がなだれ込んでいて、後ろからの馬は道中で脚を使わされ、ラストも届かないという展開。

ダービーでは、中盤はペースが緩みやすく、末脚勝負の馬も脚を溜めやすい。

そして、金曜日に雨が降っており、レース自体は良馬場開催であっても、異様なカチカチ馬場にはならない。

ということで、皐月賞で敗退の差し馬が巻き返す。





馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:52 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)