2009年11月09日

【大散財】自作PCを組み立ててみた

ということで、自作PCの組み立てに挑戦。
先日から大散財したと言って来たけど、あれはこのことだったの。

今年1月末に新しいPCを買ったばかりなのに、10ヶ月もしない内にもう一台PCを所有することに。
っていうか、その1月に買ったPCは、ここ3年くらい買うかどうか迷ってて、有馬記念当てたからようやく買ったのに、自作PCのためのパーツは迷わず買ってしまうのは人としてどうかと思う。

で、11/1にショップでパーツを揃えて、この1週間でぼちぼち組み立てて、とりあえずOSインストールまでやったので、ここでお披露目。
天皇賞当たってたらスペックアップしてたんだけど(爆)、まあ、当初の予定のスペックになった。

前にも言ったけど、ケースは中身丸見えのアクリルケース。
そこに、ローゼンメイデンの翠星石をイメージして組み立てた。


写真多用のため、追記形式で。


  ↓


まずは、全景。

自作PC

これ、ケース自体も組み立て式なの。
普通は1時間くらいで組み上がるらしいんだけど、ウチの場合は、防振対策と翠星石仕様のために3時間くらい掛かった(爆)
なにせ、防振対策に、ゴムワッシャーやシリコンワッシャーを80個くらい組み込んでるから、これだけで2500円くらい使ったし(爆)
あと、翠星石仕様と言っても、緑色のファンだけじゃねぇかと思うかも知れないけど、後で展開がある。



自作PC前面

前面。

全部で9段ある5.25インチベイの内、上3段はファンに使用。
1段空けて、DVDスーパーマルチドライブ、リムーバブルHDDケース×2。
HDDケースの内、上はシステム用のSSDを搭載。
下段はデータ用のHDD。

将来的に、DVDドライブの上の空きにはBDドライブを搭載予定だし、システム用SSDとHDDケーストレイをもう一つ用意してOS複数使いに挑戦予定。
さらに、倉庫用HDDも追加搭載予定。



自作PC側面

側面。

これを見ると、ケースファンは前面、背面、天面の3ヶ所。
で、3つとも排気向き。3ヶ所排気で、アクリルケースの弱点のある排熱を克服。
て、側面に2ヶ所ある黒メッシュの所が、本来、ファンが付くところをファン無しの自然吸気口に用途替え。
まあ、某氏から「排気がしっかり行われていれば、吸気はどこからでも行われる」と聞いたので、下手に強制吸気にして排気と吸気のバランスを壊してもなんだからと。

元々は、天面も自然吸気口にする予定だったけど、急遽、排気ファンを装着。これの顛末は後述。

前面吸気は最初から予定してた。
これで、冬場にPCの排熱を利用して暖房替わりにならないかと(爆)



自作PC背面

背面。

まあ、別に特筆すべきものがない普通の背面。



自作PC側面2

側面その2。マザボ裏側。

ここも、別に特筆すべきものがない。アクリルケースだけあって、こんな所も見られるのかというくらい。



自作PC天面

天面。

8cmの排気ファンを取り付けた。
さっきも言ったけど、ここは自然吸気口にする予定だった。
それで、ホコリが入らないように防塵フィルターを買うつもりだったのが、間違えてファンガードを買っちゃったの。
もう一度、防塵フィルターを買い直してもいいんだけど、ファンガード380円が勿体ない。
そこで、節約とファンガードを有効活用するために1800円のファンを買って来た(殴)
まあでも、これでエアフローがより改善されたし、怪我の功名と言ったところか。どうみても致命傷だと思うけど(爆)



インテルはいってる

テーン、テテテテン(爆) インテルはいってる。

Core 2 QuadとCore i5と、枯れて安定した規格か最新のナウイ規格かで迷ったけど、価格差はほとんど無いし、i5を買うと3000円割引だったし、何より新しい方がいいじゃん?(爆)
まあ、USBエラッタは心配したけど回避も出来るから、i5に突撃した。
もし、馬券が当たってたらi7 860になってたかも知れないけど(爆)

マザボはASUSのP7P55D。これも7%引きだった。
まあ、これもASUSよりギガの方がうんたらかんたらもあったけど。

グラボは、RADEON HD4670の1GB。正直言って、これでも用途から見るとオーバースペック。
まあ、7000円切ってたし、補助電源いらないし、そんなに電気も食わないし、これには外排気ファンが付いてたし。

メモリは、DDR3-1333の2GB×2。

システム用のSSDは、インテルのが欲しかったけどどこも品切れだったので、CFDの64GB。
データ用HDDは、日立の500GB。これも馬券次第で1TBも有り得た。

電源は、SeasonicのM12 600W。
電源は良い物を使えと言われていたから、割と信頼できそうなのを。
これも、500Wでも十分だったけど、500W自体がとごも置いてない。
それに、ネットで調べても500Wと600Wでは価格差はほとんど無いし、結局、600Wを某ショップの2000円割引券使って12800円で入手。

OSは、Win XP Pro SP3。
8月にすでに買っておいて正解だった。今はもうどこも売ってない。
X`までしか対応してないソフトがあったからね。VISTAは色々言われてたのもあるし。
今のWin 7にSP1が出たら64bit版買って、SSD入れ替え運用してみようかなと思ってる。



で、次は、このPCのエアフロー。

エアフロー

3つのケースファンからの3ヶ所排気に加え、電源はデュアルファン、グラボは外排気タイプと、とことん排気にこだわった。
写真の緑の四角の側面自然吸気口から入った空気が、上記のファンから排出される。
あと、HDDケースの下部にフレキシブルファンを置いて、HDDを冷やし、HDDケース自体も4cmファン×2が付いていて冷却に貢献。
写真には映ってないけど、HDDケースの向こう側にもファンが付いていて、CPUクーラーを合わせて、このPC内には12個のファンを搭載(爆)

せいおん!(爆)よりも、冷却重視にしたからファンも多くなったけど、思ったよりもうるちゃいうるちゃいうるちゃい(爆)じゃなくて何より。
ただ、CPUのリテールクーラーはうるちゃい。
今度、市販のトップフロー式のCPUクーラーに換装しようかしら。



さて・・・



ここからがアクリルケースの本領発揮。
翠星石仕様がベールを脱ぐ。



まずは、部屋の電気を一切消して真っ暗にする。



そして、



電源をオン。



点灯モード



(爆)



実は、前面と天面に緑色のネオン管を4本搭載している。
そして、ネオン管の明るさで目立たなくなったけど、ケースファンも緑のLEDを搭載。
アクリルケースの真骨頂、光るPC翠星石仕様(爆)



点灯モード前面



前面から見ても、光を放っている様子がありありと分かる。

いや、これ、本当に部屋は真っ暗な状態なの。
このPCの光だけで、ここまでの明るさになってるの。



点灯モード側面

側面からみても、中のパーツが分かるくらい明るい。



で。



あれ、PCの中に誰かいる。



PCイン翠星石



翠星石(殴)



っていうか、これがやりたかっただけ(爆)



なお、これは撮影用です。
実際の運用では、翠星石は中にはおりません。

まあ、そりゃそうだ。
翠星石が中にいた状態で、人にこのPC見られたら、ウチ自身の人生がシャットダウンだわさ(爆)

普通の中身が見えないケースだったら入れっ放しにしてても大丈夫だろうけと。
これ、いちいち出したり入れたりするの面倒なんだけど。
何で、このPC、中身が丸見えなんだよ(殴)



この翠星石仕様にするのに、光るケースファン3個と、ネオン管4本で1ユキチ超えだから、やっぱり人としてどうかと思う(爆)



ということで、人としてどうかと思う翠星石機晒しはこの辺で。



今後、このPC関連で散財するとすれば、さっき言ったCPUクーラーと、現在のメイン機と2台で運用できるよに切り替え機、いわゆるKVM買ってこようかしら。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:56 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 雑記
Comment (7) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
wwwwww

GJ!
Posted by 兄貴 at 2009年11月10日 23:32
乙です。
照明にも暖房にもなって良いですね(ぉ

後は銀様仕様、雛苺仕様と切り替えられるようになればなお良しです
Posted by 会長 at 2009年11月10日 23:42
カッチョエエエエエエエエエエッ!
これは人生終わってもこのまま行くべきでしょう!(←他人事)

馬券当てたらPC強化……考えちゃいますよね。
私も昨年、同じことを考えていたんですがさっぱり当たらず、やむなく手持ち予算でPCを組んだら……
組み上げ終えたとたん、万馬券が当たりまくりました。
じゃあその配当でPCをさらに強化したかというと……
……ゲーム買ったりDVD買ったりして、消えちゃったんですけどね。
Posted by びぜんや at 2009年11月11日 21:47
 人としてどうかと思う翠星石機組み立て乙です。

 で、ファンの風で翠星石のスカートを捲る計画はいずこへ(笑)
Posted by 謎のアドヴァイザー at 2009年11月12日 21:05
ういでありんす。


>兄貴

ああ、兄貴が反応してくれた。
まあ、最初は、単に中身が見えるPCがいいなと思ってアクリルケースにしたんですけどね。
そこから、ネタで撮影用に翠星石のフィギュア入れたらいいんじゃね?となって。
→光るファンの存在を知って導入決定→ネオン管もあるんだ、じゃあ入れよう→完成(爆)

後は、翠星石のペイントをして痛PC化すれば完璧(殴)



>会長

組んでから思ったんだけど、割と低消費電力仕様だから、暖房性能としてはどうなんか。
まあ、照明にも暖房の補助としては役立って省エネにはなると思う。このPCの存在自体無駄エネっぽい気もするけど(爆)

ジャンクパーツ組み込んで銀様仕様、ヒートシンク組み込んで真紅仕様は可能だと思う(爆)
赤色と白色のLED付きファンとネオン管は売ってるからね。
しかし、パーツの前に、フィギュア用意しないと(殴)



>びぜんやさん

わざわざコメントありがとうございます。
もう、ネタのためなら行くところまで突っ走りますよ(爆)

まあ、実際、買った当日は、天皇賞が当たった時のことを考えて、ショップでパーツ揃えてもらうための構成表を2通り用意してましたからね。
ウチの場合、欲丸出しの時はあまり当たらないみたいなので、買ってしまった後なら、これから当たりまくるかも。
もし、デカイの当たったら、2台目を組みます(爆)



>謎のアドヴァイザー、J以下略さん(爆)

このマシンは、これからは紫電機を改めて、正式に翠星石機でいきます。

いや、中のファン全部排気向きだから、中に置いたらスカートめくる方向に風が来ないの(爆)
まあ、パーツで思いのほか場所取って、翠星石を設置するところが無くなったのもあるし。

翠星石が持ってる如雨露から水冷式にするって手もあるけどね(爆)

しかし、いつの間に、翠星石のスカートめくりが正式プロジェクトになったのかな(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 2009年11月12日 23:14
 PCの熱を逃がすためのファンが排気専門なら、スカートを捲る為に専用のファンを組み込めばいいと思います。

>正式プロジェクト

 まあ、エロゲー専用PCを「紫電機」という訳だから、
スカート捲くり専用PCを「翠星石機」という正式な名称にしましょう(殴)
Posted by 謎のアドヴァイザー at 2009年11月15日 12:33
いやまあ、今日、14cmファン搭載のCPUクーラーを散財して来ちゃった(殴)

ファンは十分すぎるほど入ってるので、PC内は風吹きまくりだから、めくるのは簡単だと思うけど(爆)

まあ、「翠星石機」を名乗る以上は、その辺は前向きに検討したいと思います(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 2009年11月16日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック