2009年11月22日

【10th anniversary】馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! マイルCS【三連単本線2461.4倍】

さて、明日は京都で舞ちゃんとデート(殴)
いや、明日は京都でマイルCS。

タイトルの「10th anniversary」だけど、ウチが馬券初的中したのが、1999年のマイルCS。
それから、ちょうど10周年。
なので、本当は勝負レースじゃなかったけど、10週年だと気が付いたので、隠れ勝負レースとして予想します(爆)

多分、このブログでも、もう何回かは話してると思うけど、改めて10年前のことを。


ホワンホワンホワンホワワ〜ン(←回想音/爆)

ウチが初めて馬券を買ったのは、上で書いた初的中より1週前の、1999年のエリザベス女王杯。
まあ、この時は馬連が1着3着で、これが今のウチの原型となっているわけだが(爆)

元々、競馬に興味があったウチだけど、たまたま、知り合いに「大阪に遊びに行く」と言ったら、「じゃあ馬券買って来て」と頼まれて、ついでに自分でも買ったのが始まり。
ここで、完全に負けていればこれほど競馬にのめり込まなかったかも知れない。
が、中途半端に1着3着馬券だったものだから「これはいけるかも知れない」と思ったのが、道を外した第一段階。

で、翌週のマイルCS。
本命は、すんなりとエアジハードに決めた。
よく分からなかったけど、それまでの成績が良かったのと、1番人気だったからいうのが本命にした理由だったと思う。
っていうか、1番人気だったから本命にしたとか、ウチにもそんな時代がありました(爆)

馬連の数点流しをしようと思っていて、相手探しだけど、一番最初に馬のファンとなったキングヘイローを○に。
あとは、人気薄も2〜3頭絡めて勝負。

結果的に、◎○で的中なわけだが。
馬連1110円。小学生でも獲れそうな馬券だけど、あの当時はそれでも大喜びだった。
初めての払い戻し窓口。的中馬券を500円買っていたから、5550円の払い戻し。

まあ、ここで「競馬は楽しい」「競馬でお金が入る」と思ったのが、道を踏み外した第二段階。
この時、10年後の自分が人としてどうかと思うことになっているとは知る由もなかった(爆)

もっとも、その翌週のJCで馬連2万3190円を当てたのが、道を踏み外した最終段階(殴)


まあ、このようにして、今のウチがあるの。
今日の福島記念も、○8番人気と、△12番人気が1着3着でギャーとかあったし(爆)

さて、それから10年後、つまり、明日のマイルCSだけど。

やっぱり、ウチが一番得意なのはマイル戦。
そう思って、とっておきのえげつない馬を狙っていたのに、前日発売オッズ見ると意外にも人気してる。
そのせいで、三連単本線でも24万馬券という低配当。
まあ、先週のアレがあるから、バランス的には妥当かも知れないけど。

ということで、ウチが選んだ馬だから来るのは間違いないけど、今回はあまりえげつない配当は期待しないでね。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! マイルCS

◎ 15 サプレザ

フランスからの刺客。
元々このレースに限ると外国馬はイマイチたけど、JRA全体では外国馬の複数出走したレースは少なくとも1頭は突っ込んで来るパターンが多い。
おまけに、最近の短距離戦線は牝馬の活躍が目立ち、「外国馬の牝馬」この組み合わせが後押しする。
どちらかと言うと、欧州の時計の掛かる馬場よりも、日本の軽い高速馬場向きで、調教師はこのレースのタイムを研究して「これなら勝てる」と判断して日本までやって来た。
鞍上は、日本でもおなじみのペリ恵。
このペリ恵までもが「この馬は日本向き」とお墨付きを与えている。
多頭数の競馬に一抹の不安があるが、その辺はマイルCS2勝のペリ恵に任せる。
マイル【4 2 0 1】。
3番人気なのが誤算だが、来るんだったら人気でも初志貫徹。

○ 12 ヒカルオオゾラ

最近は、GI実績が乏しいかない馬の激走が目立つ。
それらの馬でも、後から考えると「来ても不思議じゃない馬」であることが多い。
この馬も「武豊に選ばれし馬」で、過剰気味な人気を背負っていることから、それくらいの力はあると認められている証拠。
今回、ようやく人気の重圧から解放され、思いっ切り走れるようになり、思いっ切り突っ込んで来る。
4走前のエプソムCでは好位から2着。3走前の関屋記念では後ろから2着と、どの位置からでも立ち回れる器用さは強い味方。
しかし、何と言っても魅力なのは京都【3 0 0 1】と、マイル【4 2 0 2】の適性。
調教師が不安に駆られる発言をしているが、そんなのは鞍上の怪しい澄代がまとめて吹っ飛ばす。

△ 10 スズカコーズウェイ

「来ても不思議じゃない馬」と言えば、この馬も該当。
京都【2 1 1 4】、マイル【4 2 3 3】と、このレース向きの戦績は不気味な存在、
この馬も自在脚の持ち主で、明日の天気や馬場状態に関係なく走れるのは大きなアドバンテージ。

キルトクール 04 カンパニー

いくら元気とは言え、8歳で中2週続きの負担はいかばかりか。
一般的に、この手の馬の引退レースは花道を飾れないことが多く、この馬もご多分に漏れず…

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○△−◎○△−総流し 46点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 01:49 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カンパニーが有終の美を飾るはず!
Excerpt:田原 今日は一日寝てましたねー。夕方から21時ぐらいまで寝ちゃったんで目がシャキです。 ゼットン 昨日はどっかいったの? 田原 いえ、直帰です。整体行こうとしたけど予約がいっ..
Weblog:競馬のみかた
Tracked:2009-11-22 02:49