2009年11月29日

【慰謝料請求】馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ジャパンカップ【三連単4880.9倍〜159114.4倍】

明日は早めに起きてリア充なお出掛けするので、今日は簡潔に。
まあ、予想そのものは、いつにも増して人としてどうかと思う馬券だけど(爆)

ところで、先週も話したけど、ウチの馬券デビュー3週目である1999年のJCで馬連2万3190円を当てたせいで、現在、ウチが人としてどうかと思う馬券師になったように、ウチの競馬人生は滅茶苦茶にされてしまった。
と言うことで、今回、JRAに慰謝料を請求する(爆)
請求額は、とりあえずJCの払い戻し金と言う形で、約48万〜約1591万円を予定してる(殴)
裁判は明日の15:20開廷。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ジャパンカップ

◎ 08 マイネルキッツ

JCの歴史を紐解いてみると、1984年に大将格のシンボリルドルフを差し置いて日本馬初勝利をもたらしたカツラギエース、2003年に9馬身差の逃げ切りを決めたタップダンスシチーなど、あっと驚く馬が激走するケースがある。
しかし、後から考えると、カツラギエースは同年宝塚記念勝ち、タップダンスシチーは前年有馬記念2着など、実績的には来てもおかしくない馬ではある。
で、今年のJCでウチが◎に指名するのはマイネルキッツ。
春の天皇賞を12番人気で勝ち、実績的には堂々たるGI馬。
他の日本馬が軒並み前走からの距離延長組なのに対して、同距離の京都大賞典からの参戦は大きなアドバンテージ。
他の競馬場よりも競馬場適性がモノを言う府中にあって【3 2 1 6】は、ウオッカ、スクリーンヒーローと並ぶ府中好相性。
サンデーサイレンス産駒がほぼ姿を消した今、地味な血統馬の台頭が目立つのも、この馬にとっては追い風。
また、カンパニーのように、近年の高齢馬の激走がトレンドの中、6歳はまだまだやれる。
ブラックホーク(2001年安田記念9番人気)、ピンクカメオ(2007年NHKマイルC17番人気)、マツリダゴッホ(2007年有馬記念9番人気)、マイネルキッツ(2009年天皇賞春12番人気)と、穴の伯楽国枝栄の馬だと言うのをお忘れなく。
淀みないペースで流れ、早めに動いて押し切る。この馬が先頭でゴールする姿が容易に想像できる。

○ 03 エアシェイディ

府中の鬼と言えば、ウオッカと並ぶ府中8連対のこの馬を置いて他にいない。
秋天では出負けしたもの、上がり33.8秒の脚で追い上げるあたり、さすがは府中巧者と言ったところか。
昨年の有馬3着を初め、今年に入ってもほぼ掲示板を確保するなど、8歳になっても衰える気配はない。
前走は外枠で終わってしまったけど、今回は絶好の3番枠。
大外ブン回しが利かない府中だけど、内でジッとしての直線抜け出しなら突き抜ける場面もあり得る。
意外にも2400mは初めてだけど、このところの走りを見ても、今はこの距離あたりがベストと思えて仕方ない。

キルトクール 05 ウオッカ

テイエムオペラオーやゼンノロブロイのように、5歳春までは強かったのに秋になると落ち目になる「5歳馬の尻すぼみ」を見事に踏襲。
ダービーを勝ったとはいえ、今はマイルのウオッカ。この距離ははっきり言って長い。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 00:26 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134183721

この記事へのトラックバック