2009年12月11日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 中日新聞杯

今さらだけど、JRAでは、この秋からコンピューターが自動的に馬を選んでくれる「クイックピック馬券」を発売している。
また、来年から、5つのレースの単勝を全て当てる「5重勝馬券」の発売も予定されている。
特に、5重勝馬券は、すべてのレースでフルゲート18頭と仮定すると188万9568通りとなり、最高払い戻し金が2億円となる模様。

なんか、競馬もだんだん宝くじ化してきたよなぁ。

サッカーくじのtotoが、勝ち負けを予想するタイプのくじの売り上げがからっきしで、コンピューターが自動的に予想してくれるtotoビッグが導入されたらアホみたいに売り上げが伸びた。
まあ、totoビッグは、最高配当が6億円ってのが売り上げに貢献してるんだろうけど、だからと言って自分で予想しろと言ったらあんまり売れなかったと思う。

最近、ギャンブルのカテゴリの中でも、競馬など、自分で予想するタイプのものは売り上げが減り続けているが、パチンコや宝くじと言った頭で考えなくても良いものの売り上げが伸びているらしい。
全く、楽して儲けようとする魂胆が丸見えである。

その点、ウチはパチンコや宝くじと言った類のものは一切やらない。
だって、ウチはギャンブル自体が嫌いだもん(爆)

宝くじなんて、やれ3億円がどうだの、やれ買わなければ当たらないだの言うけど、結局、買ったって当たらないし。
だいたい、当たりもしないものを買う気が知れない(殴)

それはさておき、クイックピック馬券で500万馬券当てた人もいるみたいだけど、「普段、自分では絶対買えないような馬券になることもあって、レースまでのワクワク感がたまらない」だってさ。
だったら、ますますウチには縁のない馬券だ。

普段から、そういうえげつない馬券買ってるし(爆)

と言うことで、師走の怒涛の勝負レース第2弾、日曜日の阪神JFだけど、また人としてどうかと思うえげつない馬券になりそう。
まあ、元々2歳戦はウチの中では最高ランクの勝負度だったから、臆せずに犯る。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 中日新聞杯

◎ 01 ドリームサンデー
逃げ有利のレースで、最内枠の逃げ馬。

○ 13 マンハッタンスカイ
典型的な、忘れたころにやって来る馬。

△ 14 デストラメンテ
ローカルで、将来有望丸田君が乗る馬。

キルトクール 15 トーセンジョーダン
一頓挫で、能力落ちが無いか疑問な馬。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎→○→△ 1点
まじかる☆三連複 ◎−○−△ 1点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:36 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック