2009年12月27日

【世相馬券なら◎アドマイヤシャブ(殴)】馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 有馬記念【キーワードは「政権交代」(≠3歳馬)】

さあ、今年もやって来た有馬記念。

本来はその年で一番強い馬を決めるレースなので堅い決着になるはずだが、一方で、競馬ファンに夢を与えるレースでもあるのでえげつない配当が飛び出すこともある。
最近は社会不安も広がり、人々から活気が失われつつあるのを競馬の神様が憂いているのか、三連単で一昨年80万馬券、昨年98万馬券と、えげつない配当が連発している。
ウチは、一昨年はダイワスカーレットさえ切らなければ神様の恩恵に与れていたはずだし、昨年は見事98万馬券を頂戴した。
今年も、神をも恐れぬえげつない予想で、競馬の神様からカツアゲしよう(殴)


さて、有馬記念と言えば、その年の世相にちなんだ馬が突っ込んで来るパターンが多い。

今年、衝撃だったのは、何と言っても芸能界の薬物汚染。
その中でも、清純派の代表格だった酒井法子が、旦那の高相祐一と共に覚せい剤で捕まった。

このニュースを見た瞬間、ウチの今年の有馬記念は、福永祐一のサクラメガワンダーと横山典弘のスクリーンヒーローに決めた。
しかし、横山典弘はスクリーンヒーローには乗らないみたいだし、カンパニーで秋天を勝ったので、サクラメガワンダー−カンパニーの軸に変更。
ところが、サクラメガワンダーが痛恨の屈腱炎で休養、カンパニーは引退と、11月に入って有馬記念の軸馬の大幅な変更を余儀なくされた。
さらに、直前になって、福永祐一が怪我で有馬不参戦、横山典弘はブエナビスタという面白くも何ともない馬に騎乗決定。
この時点で、ウチは、福永祐一−横山典弘ラインは放棄した。
せっかく「配当が”高そう”なユーイチ」とかネタまで考えたのに(殴)

もう、余計なひねりはしない。
今年の有馬の本命はアドマイヤシャブ(殴)
これほどストレートな馬も他にはいまい(爆)

さらに、対抗にはマチカネシロイコナ(殴)
そう言えば、最近、この冠名の馬を見掛けなくなったね。

世界の芸能界に目を向けると、今年は、King of Popと呼ばれたマイケル・ジャクソンが亡くなった。
これも衝撃的なニュースで、有馬で絡めるにも十分なほどインパクトがあった。
と言うことで、押さえにはマイネルジャクソン(殴)


まあ、ここからが本題。

本当に、今年の日本を代表する出来事と言えば、8月の総選挙で民主党が圧勝し、長らく続いた自民党から政権を奪う「政権交代」であろう。
さすがに、これは人口に膾炙し、多くの人々をして「今年の有馬記念は『政権交代』がキーワード」と言わしめた。
奇しくも、今年の有馬の出走馬は勢いがある3歳馬が多く、「政権交代=3歳馬」というのが定説になりつつある。

だが、ちょっと待って欲しい。「政権交代=3歳馬」ではない。
「政権交代」とは、2つの勢力が時にライバルとして渡り合い、時にそのライバルに辛酸を嘗めされられ、そして、ようやくそのライバルを破って表舞台に立つことを言う。
だから、昨日今日にポッと出の若造が、ライバルがいないとか言う3歳馬が勝ったとしても「政権交代」とは言わないのである。

今の競馬界に、2つの勢力があって、ライバルとして渡り合い、一方がもう一方に辛酸を嘗めさせられている、そういう図式があるだろうか。

JRAは、全国で1つの組織であるが、調教師や騎手の所属、競馬施行の割り振りなどは「関東」「関西」という区別がある。
しかし、近年、西高東低と言われ、圧倒的に関西勢が幅を利かせている。
ところが、最近では、栗東留学と称し、関東馬が関西の競馬場で一発ゆわす光景が度々目撃される。
そう言えば、こないだの阪神JFでは関東馬のワンツーだった。
少しずつであるが、関東馬の逆襲が始まっている。

もう、ウチの言いたいことは分かってると思うけど、今回の「政権交代」は、ズバリ「関東馬」。

いつまでも、関西馬の引き立て役じゃいられない。
民主党はようやく政権を獲った。
競馬界も、今こそ、関東馬の復権となる。


あとは、ちょっとしたネタをいくつか。

今年のGIで三連単100万超の馬券が飛び出したのは、NHKマイルC、エリザベス女王杯。
それらのレースで勝った騎手は、それがGI初勝利だった藤岡康太と田中博康という若手組。
今年の有馬にも、まだGIを勝っていない若手騎手がいるよね。
GI初勝利が有馬とか平気でやりそうな大物若手とか。
ゴルフ界では史上最年少で石川遼が賞金王に輝いた。
特に、武豊が明らかに落ち目になった今、3歳馬ではなく、若い騎手の方で突っ込んで来てもおかしくない。

その年のJCで、着順に関係なく、上がりのタイムがメンバー3番以内の馬は、過去10年で【5 3 0 12】。
今年の有馬は、JCでの上がりトップ3の馬は揃って不出走なので、その次のグループから・・・

まあ、シャブネタであるとすれば、その色から「白」が狙い目。


さて、買い目はもう決まった。
今回は、ウチの馬券史上最も多い、ダブルユキチ超えの豪華204点張りで勝負。

資金は、年初から馬券を買うごとに少しづづ貯めた「馬券税」の封印を解く。
一節(土日)ごとに、最低500円を「馬券税」と称して貯め、有馬でつぎ込む計画も今年で2年目。
去年は、途中のダービーで少し使っちゃったけど(爆)、今年は貯めた分が丸々残っている。

2009年馬券税43000円

500円玉で86枚、総額4万3000円。
この馬券税は、元々無いつもりで貯めたので、まさに臨時収入。

この中から2万0500円をありがたく有馬記念に使う。

さあ、この41枚の500円玉が41枚のユキチに化けるか。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 有馬記念

◎ 04 マイネルキッツ

と言うことで、マイネルジャクソン(爆)
JCの上がりは34.9秒とメンバー4番目。
ただし、上位3頭が有馬に不出走なので、実質上がりNO.1。
願ってもない4番枠で、内の中団で道中を回れば、あとは自慢の脚で栄光へと駆ける。
中山2500mは春の日経賞で2着に入っており、適性は証明されている。
前が激しい展開が予想され、スタミナ勝負ならお任せ。
鞍上は、若手の真打ち三浦皇成。
松岡の騎乗停止で回って来たチャンス。この男は運も引き寄せられるのか。
武豊に引導を渡し、初GIが有馬という快挙も、この三浦ならやってもおかしくはない。
言い訳出来ないほどの好枠で、三浦の真価が問われるレースでもある。
ここを勝てば、春天と合わせて、最優秀古馬牡馬も獲るチャンスあり。

○ 06 エアシェイディ

怖い関東馬の代表格。
同一厩舎の2頭出しは人気薄を狙え。
ブラックホークやピンクカメオなどで重罪を犯す国枝師の反省の色が感じられない馬。
昨年の3着馬で、8歳になった今年も衰えは全く見せていない。
後藤浩輝とコンビを組んだ23戦で掲示板を外したのは3回だけという、名コンビここにあり。
この馬も、JCの上がりはマイネルキッツに次ぐ好タイム。
中山は【2 4 2 5】と、自分の庭のようなもの。
前が潰れる展開なら、最後の直線で悠々と他の馬をごぼう抜きしていく。
マイネルキッツと合わせて、シャブ絡みの「白」馬券もここに完成。
え、マイネルキッツもこの馬も白枠(1枠)じゃないよとお思いの諸兄。
馬番をよく見てみよう。
4番と6番。4(し)6(ろ)馬券じゃないか(殴)

▲ 14 セイウンワンダー

3歳馬の中ではこれ。
まあ、ユーイチが乗れなくなったのは痛いが、それでも能力がある馬だからやっぱり来る。
マイラーと思われていたが、菊花賞で3着に突っ込んで来るなど、距離万能さは父親からしっかり受け継いでいる。
「有馬はマイラー」の持論から、この馬にとって、有馬は実はぴったりの条件。
菊花賞で掛かりながらも最後伸びて来たように、折り合いが付けばここでも末脚は健在。
父は朝日杯以来1年振りの勝利が有馬だった。父親似のこの馬も同じことょやってしまうのか。

△ 03 ミヤビランベリ

隠れた登竜門、アルゼンチン共和国杯を逃げ切っての参戦。
他の馬よりも心臓が丈夫で、そのスタミナ、スピードはしっかり発揮される。
2500mは3戦3勝とパーフェクト。この距離の申し子。
意外にも、これがGI初挑戦で、一気にスターダムにのし上がるバックボーンは揃っている。
鞍上は若手の吉田隼人。この騎手も、ここを勝てばGI初勝利。
人馬ともに新たなステージへ。

× 15 ネヴァブション

えげつない関東馬降臨。
同一厩舎の2頭出しは人気薄を狙え。
一昨年のマツリダゴッホにイメージが重なる、中山【4 1 2 7】。
今年の有馬の出走メンバーのレベルがAJCC並ならば、今年のAJCCを勝ったこの馬には敵ではない。
どう見ても買えない馬も来る時は来る。
だから、来る時を見極めて買えばウハウハ間違いない。
それが今。

キルトクール 02 ブエナビスタ

過去、テイエムオーシャン、ファインモーション、カワカミプリンセス、ウオッカと、錚々たる3歳牝馬が挑戦をして壁に阻まれてきた有馬。
ほぼ唯一太刀打ち出来たダイワスカーレット(2着)に匹敵する馬でなければ3歳牝馬が有馬で勝ち負け出来ないのは証明された。
では、この馬はダイワスカーレット級か? 否。
マイクロソフトの新OS、Windows 7が10/22に発売された。それと同時に、Windows Vistaは旧OS送りとなった。
奇しくも、そのWindows 7の発売とほぼ時を同じくして、Vistaの名を持つこの馬も尻すぼみに。
わざわざアンカツから横典に乗り替わりと言うことは、陣営は追い込み一辺倒からの脱却を図りたいと踏んだから。
しかし、今年の有馬は前に厳しい競馬になりそうなので、前に出て行ってスタミナ切れで末脚不発の危険が目の前にある。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎→○→総流し マルチ 84点
まじかる☆三連複 ◎○▲△×−◎○▲△×−総流し 120点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 02:32 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136657932

この記事へのトラックバック

◆ 侘び助式⇔競馬予想 『 第54回 有馬記念(GI) 』 ◆
Excerpt: え〜っと、前に予想を書いたのが5月やから7ヶ月ぶりの予想・・・φ(`∇´)φカキコカキコ♪  有馬ぐらいは予想てみっか〜と思ってたら、...
Weblog:◇ 侘び助式 ◇
Tracked:2009-12-27 13:14