2006年02月26日

マリみて新刊『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』3/31発売

マリみて公式サイトに、『●コバルト文庫新刊「マリア様がみてる くもりガラスの向こう側」2006年3月31日発売予定』とありましたとさ。

昨日、チャットで某U氏あたりと「マリみて新刊はしばらく先じゃない?」とか話していましたが、なんと3/31発売です。

去年の暮れに出たばかりなのに、もう次ですか。

でもねぇ、サブタイトルの『くもりガラスの向こう側』って聞いて、前作で瞳子と祐巳があんななった後の続きの話が来るようサブタイじゃない感じがしますが。


っていうか、思いっきり短編集のような気がしますね。

3/18発売のコバルト本誌にも短編集が載るようですし、そろそろ、短編のストックも出来ているでしょうし。


ところで、『くもりガラスの向こう側』で真っ先に思いつくのは・・・


♪ くもりガラスの向こうは 風の街 問わず語りの心が 切ないね・・・
(1981年 『ルビーの指輪』 寺尾聰)


なんですが、丁度この歌が流行った頃は、マリみての原作者・今野緒雪さんの青春真っ盛りの頃なんですね。

マリみて前々作の『妹オーディション』のサブタイだって、これも80年代にあった『西城秀樹の妹オーディション』が元になっているのではという噂があるくらいですから、今回も案外この歌が元なんじゃないかと。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:49 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (4) ] [ TrackBack (1)
この記事へのコメント
ほら、オイラの予想通りしたね。
コバルトの「よか魔女シリーズ」新刊発売の翌月には、ほぼマリみての新刊がでるんですよ。

取り合えず、瞳子の妹にする話は、今回は無いでしょう。
でも、くもりガラスの向こう側では、瞳子が優しい笑顔で「祐巳にお姉さまと言って微笑んでいる」と言うオチも予想できるのですが・・・。

とにかく、早く発売すること望みます。

Posted by ウルティモ at 2006年02月26日 22:50
自分的にこのタイトルなら瞳子問題の描写っていうのもありなんじゃないかなぁと思いますがwと、第一印象
Posted by at 2006年02月27日 10:17
(*゚▽゚)ノこんちゃ

マリア様が見てるとは関係ないのですが、

AmazonでARIA4巻初回限定版、まだ売ってました。

σ(・・*)は更新し忘れかと思いながらも、注文してみたら、初回限定版まじで届きました。

フィギュアはあかりとアリア社長です。

こんなに人気なのに、当時はたいして売れなかったのでしょうか???


Posted by たばすこシェフ at 2006年02月28日 22:00
ごきげんよう。

>ウルティモさん

ウルティモさんの予想通りの発売予定で。

>名無しさん

>>自分的にこのタイトルなら瞳子問題の描写っていうのもありなんじゃないかなぁと思いますがw

確かに、そう言われればそう思えなくも無いかなと。

ただ、ウルティモさんにも言いますが、それでも、祐巳の妹は決まらないんじゃないかとも思います。

>たばすこさん

>>AmazonでARIA4巻初回限定版、まだ売ってました。

4巻当時なら、まだそんなに人気にはなってなかったかも知れないので、案外残ってるところには残っている可能性もありますね。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 2006年02月28日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13838825

この記事へのトラックバック

風の街
Excerpt:最近、“ごきげんよう”といえません(涙)。どうも、ウルティモです。さて、昨日『藍ノ花さん』のブログでマリア様がみてるの新刊が3月31日に発売と言う情報が!先日のチャットでは、発売は先ではと言っていたけ..
Weblog:ウルティモ日記
Tracked:2006-02-27 22:28