2012年09月30日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! スプリンターズS

ゆるゆりのアニメ2期が終わったので、生きていく糧が\アッカリーン/になってしまった(爆)

と思ったら、今週から秋のGIシリーズが始まるので、とりあえず、今年一杯は生きていける。

まあ、シーズン開幕なので、これから行われる各GIレースの個人的な波乱期待度と勝負度、寸評などを。
今回は前半6レース分。


■スプリンターズS

波乱期待度・・・B
勝負度・・・B

短距離路線はとにかく新旧入れ替わりが激しい。大荒れは期待出来なくても新勢力には要注意。

■秋華賞

波乱期待度・・・C
勝負度・・・B

抜けた馬がいる年は荒れないのがこのレース。一応それでも穴馬狙いはするが、波乱は望み薄。

■菊花賞

波乱期待度・・・S
勝負度・・・S

この秋最大の勝負レース。京都芝2000m以上GIで、唯一、まだ三連単100万馬券が出ていないからそろそろ。秋華賞が平穏だと菊花賞は荒れる法則に期待。

■天皇賞(秋)

波乱期待度・・・A
勝負度・・・A

オルフェたんは多分出ないだろうから、混戦となるのは必至。ドサクサに紛れて伏兵が台頭する余地はある。

■エリザベス女王杯

波乱期待度・・・B
勝負度・・・B

3歳馬を迎え撃てる古馬の存在がカギ。そして漁夫の利で伏兵馬が出てこないかな。

■マイルCS

波乱期待度・・・A
勝負度・・・A

安田記念の結果で、マイル路線は全くの混沌。何が来てもおかしくない代わりに、何が来てもおかしい結果になるか。


この秋は大きいのを炸裂しそうな予感がビンビン感じるんだが。

年末まで3ヶ月の長丁場。波乱劇場の開幕。



  ↓



●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! スプリンターズS

◎ 15 エピセアローム

秋開幕を託す馬はこれ。
新旧交代が激しい短距離界にあって、3歳牝馬は全くハンデにならない。
現に、前走で古馬一線級を完封し、頂点に王手をかけた印象を見せ付けた。
高速決着が予想される中、メンバー最速の持ち時計の裏付けもある。
比較的、展開に対して自在に動け、道悪にならない限り圧倒的有利な外枠なのもプラス。
小倉2歳S勝ちから3歳で短距離界の頂点に立ちながら志半ばで逝った同厩舎の先輩アストンマーチャンと同じ道を追うドラマ性にも注目。
最近すっかり忘れ去られた武豊もここで意地を見せろ。

○ 07 リトルブリッジ

香港馬は何かと怖いこのレース。
メンバー唯一の3連勝中で、前走で国際GIを勝ち、レーティングは堂々の120。
グローバルスプリントチャレンジのボーナスゲットのチャンスも持っており、金に目が眩んで頑張ってしまう。
欧州のレースでも通用し、パワーのいる中山、果ては道悪になってもだいじょぶだいじょぶ。
シャム調教師は、調教助手時代に1999年JCの12番人気2着インディジェナスに同行来日し、日本の競馬も知っている。
つまり、「内部の事情に詳しい者の犯行」。

キルトクール 14 カレンチャン

実質勝ち抜け制の短距離GIで、3勝目を狙うなど言語道断。
意外と来ない前年勝ち馬、意外と来ない高松宮記念組。
全盛を過ぎた感のあるこの馬にとって、これは致命傷。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 28点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 14点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 01:21 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック