2012年10月21日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

さあ、やってまいりました、賞金1500万馬の祭典・菊花賞。
そして、今期のウチの最大の勝負レース。

秋華賞が堅い年は菊花賞は荒れる法則。
今年の秋華賞は御覧の結果で、これは期待大。

まあ、このレースは毎年いろいろ言ってるけど。

何と言っても、古馬混合1000万条件勝ち馬が滅法強い。
近10年だけでも、5頭が春クラシック未出走で古馬混合1000万条件勝ちで菊花賞を制している。
ただ、1000万条件からぶっつけよりもトライアルを挟んだ方が、古馬&同世代強豪ともに揉まれて力を付けて一発と考えられる。

また、サンデーサイレンス産駒全盛の時代と比べて、スローの上がり勝負が少なくなり、長距離レースらしいスタミナ馬の先行押し切りが増えた。
近10年では、8頭が4角4番手以内から押し切っている。

そして、勝ち馬の単勝人気がえげつない。
これも近10年で、1番人気が3勝に対して、6〜9番人気が4勝。
過去の実績無関係、勢いで走ったもん勝ちのサバイバル。


今年は、皐月賞馬ゴールドシップ、ダービー馬ディープブリランテの統一王者決定戦の様相が一変、ブリランテがまさかの回避。
ライバルを失ったゴールドシップが楽勝で勝つのか。

いや、ここは突如現れたライバるんに足元をすくわれるボ?

今年と同じく、皐月賞3着ダービー1着馬が故障で不出走となった2002年の菊花賞。
皐月賞馬はまさかの落馬で波乱の幕開け。
そして、その年の菊花賞を勝ったのはミラクるん。

今年はライバるんの番だ。

出走18頭中、重賞未勝利馬がなんと16頭。
そして、賞金1500万馬が多士済々の7頭。

ゴールドシップの足元をすくうライバるんはこの中にいるボ?



  ↓



●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

◎ 15 ユウキソルジャー

ライバるんの中の人といえば悠木。
ダービーの前週にようやく2勝目を挙げた馬が、夏の函館2600mの1000万特別を勝ち、トライアルの神戸新聞杯4着。
ローテとしては、ほぼ完璧といってもよい。
先行タイプでありながら、上がりは10戦中7戦でメンバー3番以内。
長距離を先行して押し切れる力は十分に持っている。
血統的にも、父トーセンダンスは、菊花賞の鬼ダンスインザダークの全弟、つまり「トーセンダンス ≒ ダンスインザダーク」
そして、おそらく、2400mくらいまでは「ダンスインザダーク < ステイゴールド」だけど、それより長い距離だと「ダンスインザダーク > ステイゴールド」。
つまり、この舞台なら、ステイゴールド産駒に太刀打ち出来る。
京都芝は2戦2勝、鞍上の秋山真一郎はカレンブラックヒルで今年GI初制覇。
全てはこの馬のために追い風が吹いている。
そして、悠木といえば・・・
「ほむらちゃん、ごめんね。私、菊花賞馬になる」

○ 17 タガノビッグバン

1000万条件勝ちぶっつけ組からはこの馬。
事実上の菊花賞最終予選ともいえる兵庫特別を快勝してこの舞台にやって来た。
距離を伸ばすと同時に、先行へと脚質転換してから頭角を現すのは、奇しくも菊花賞向き。
母父はあのリアルシャダイ、スタミナならメンバートップクラスを誇るであろう。
近年、苦労人騎手がGI初制覇を挙げるケースが多く、8戦中7戦に手綱を取った太宰啓介にとっても最大のチャンス。

△ 08 ニューダイナスティ

久しぶりの△印を付けさせた馬。
2走前に1000万条件をレコードで逃げ切り。
前走は大敗したものの、人気を背負ってマークされたためだから度外視。
今回は、一転、人気薄となり、楽々逃げられる。
京都の長距離戦は、度々、人気薄の逃げ馬が波乱を演出しており、この馬もそれに該当するか。

キルトクール 01 ゴールドシップ

今回は断然の一強。
それ故に、目標とすべき相手がいなく、全ては自分で動かなければならない。
早めに前を潰しに行ってバテるか、追い出しが遅れて前に出し抜かれるか。
騎手は知っていても、馬には未知の距離、仕掛けどころをミスして自滅というコースへ。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○△−◎○△−総流し 46点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 02:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック