2014年11月02日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(秋)

さて、秋天。

このレースは、他のGIとはちょっと質が違うレースだと思う。
もちろん、伝統と格式の天皇賞だから、というのもあるけど。

一般的に、JRAのGIでオールスターが集うレースといえば有馬記念という認識であるし、実際、現役一線級が集まるけど。
メンバーがバラエティーという意味では、この秋天だと思う。

3歳クラシック路線から菊花賞をパスしてくる馬、牝馬が牝馬路線をパスしてくる馬、夏に力を付けてこのレースが集大成な馬、古馬GI3連戦を目論む馬、JC有馬が大目標でここは叩き台な馬、マイルCSが大目標でここは叩き台な馬。

馬券的に気を付けないといけないのは、その、ここが叩き台の馬である。
強い馬は、GIを叩き台にしても勝ち負けになることもあるが、叩き台らしくあっさり負けることもある。
まあ、GIの叩き台にGIレースを、それも伝統と格式の天皇賞を使うとは何事、とも思えるが、戦略としては別に悪くはない。

カテゴリ別路線が整備されて、別路線の馬が一堂に会するレースというのが少なくなったが。
さっきも書いたが、3歳から牝馬から1600m〜2400mに向かうスタート地点な馬からここがゴール地点な馬から、GIでこんなメンバーが集まるのはここが一番だろう。
JRAの年間レース体系の中でも、最大の交差点と言える。
そういう意味では、秋天を3200m→2000mに短縮したのは英断だったのかも知れない。

伝統というのは、一部のエリートだけで作り上げるものではない。
多様性が文化を作り、それがまた多様に積み重なって伝統となる。

全ての日本の象徴であられる天皇陛下のように、JRAのレース体系の交差点であるこのレースは、やはり天皇の名を冠するに相応しいレースではなかろうか。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(秋)

◎ 04 スピルバーグ

今年の「結局、毎日王冠組かよ。」枠。
そして、「府中は府中巧者」枠。
さらに、今年のジャスタウェイ枠。
毎日王冠からは近8年連続で連対馬を出しており、相性は抜群。
その毎日王冠の最上位馬とあれば、ほぼ自動的に突っ込んで来る。
府中芝は【5 1 2 1】で、全勝利をここで挙げている。
他の府中得意馬と比べて、ほとんどを府中で走っており、まさしく庭。
兄のトーセンラーが京都をマイ競馬場に登録してるように、弟は府中をマイ競馬場に登録済。
ダービー後に長期休養に入るも、明け2戦目から3連勝で前走3着。
重賞未勝利なのが実績的に見劣りするが、覚醒した馬に過去の戦績を語るのは無意味。
常に確実な末脚を魅せるのも、去年のジャスタウェイを彷彿とさせる。
適度に5番人気前後にいるのも秋天的にはある意味好印象。
雨が降って、道悪にはならなくても、渋った馬場はディープ産駒のキレにはどうかだか、ディープ産駒の割に馬体重もあるし、道悪でも末脚発揮の実績があるから問題ない。

○ 08 ディサイファ

十分あり得る「結局、毎日王冠最上位同士の決着かよ」。
上でも書いたけど、8年連続で毎日王冠組が連対してるとはいえ、相方は別路線組だったりする。
しかし、今年の別路線組は、着順的にもローテ的にも実績的にも抜けた馬がおらず、だったら今年は毎日王冠組のワンツーだってある。
クラスが上がっても重賞挑戦しても大崩れすることがなく、これなら初GI挑戦でも十分に通用する。
夏にエプソムCで重賞初勝利を挙げ、前走の毎日王冠は0.1秒差の4着。
持ち時計1800m1分44秒8、2000m1分57秒4と、高速決着にも対応出来る。
その上、良馬場以外で全て馬券圏内と、馬場か渋っても対応可能。
初GIで勝ち負けどころか、一気に頂点に上り詰めることもあり得る。
シェイク・モハメド殿下の日本初GI制覇もここで実現するかも。

キルトクール 15 イスラボニータ

この馬は決して弱くない。
皐月賞勝ち、ダービー2着の戦績は、十分に3歳最強を名乗るに値する。
それに、今年の3歳自体も決して弱いわけじゃない。
しかし、どんなに強くても、古馬初対戦、それも、いきなり現役一線級とぶつかる。
世の中の闇を見て来た歴戦のおっさんやババア達に睨まれて、さて、その能力を発揮出来るのか。
さらに、その若造に与えられた席は、外枠不利な秋天にあって下座ともいえる15番枠。
先週の菊花賞のワンちゃんと同じ、弱いから負けるのではなく、力を出せないから負ける。
まあ、それでも来たらこいつヤバい、素直に賞賛する。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 11:15 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック