2015年10月18日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞

さて、今年も、秋の勝負レースこと秋華賞。

最近は、すっかり平穏に収まるレースとして定着してしまった感があるが、本質的には3歳牝馬のレース。

ちょっとしたことで結果がガラリと変わるレースではある。

たいていは、春の実績馬vs春の敗退馬vs夏の上がり馬の構図なので、この中から組み合わせで予想。

まあ、ウチの場合は、このレースになると毎年言ってるアレが、今年も予想の主軸。

この欄で騒げば騒ぐほど、予想が当たらなくなるので、今回さらっと流して、さっさと予想に向かう。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞

◎ 08 ホワイトエレガンス

古馬混合1000万条件勝ち代表。
この1000万条件勝ちの中でも、北海道で力を付けた馬は特に要注意。
春のクラシックはさっさと見送り、夏の北海道で復帰したこの馬。
復帰後は5、1、1着で確実に力を付けており、トライアルの紫苑Sも展開不向きながら2着に粘る。
この間、前目で競馬をしての結果だから、小回り先行という秋華賞に最適のレースをしてきた。
2000mの持ち時計はメンバー2位タイの2分00秒3、秋華賞特有の高速決着にも対応。
そして、国枝厩舎が栗東滞在すると怖い怖い。
この舞台でのクロフネ産駒の激走はディープ産駒をも凌駕する。
馬主的にも、2011年秋華賞3着の同配合同毛色のホエールキャプチャのリベンジ戦でもある。

○ 09 クイーンズリング

春クラシック敗退組代表。
3連勝でフィリースレビューを勝つなど、能力的にはメンバートップクラス。
秋華賞においては、春のクラシックの成績は必ずしも重要ではないし、4・9着なら悲観することは無い。
前走ローズSは、本番を意識しての前目の競馬。
結果は5着で、ミル子がムチを落とすアクシデントもあったが、本番への光明は見えた。
距離が持つかというのもあるが、阪神1400m勝ちの実績はこの舞台では重要。
さらに、マンハッタンカフェ産駒なら2000mは全くダメではない。
GIでミル子が何もやらないわけがない。

キルトクール 10 レッツゴードンキ

この馬自身は力はあるとはいえ、桜花賞は展開利の勝利。
他陣営にマークされれば厳しくなるのは当然。
さらに、桜花賞の実績は、夏以降の勢力図の変化の点からも重要度は下がる。
上位には来るだろうが、善戦止まりが精一杯か。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:37 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック