2015年10月25日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

菊は一時の恥、聞かぬは一生の恥。

ということで、菊花賞ではどんな頭のおかしい予想をしても恥ずかしいのはその場だけなので、他人の目を気にせずえげつない予想をしましょう(爆)

さて、いつものウチの予想記事といえば、散財だの、100万馬券だの、\アッカリ〜ン/だの言いながら予想しているが。

菊花賞は、ウチの中では全GIで最も相性のいいレース。

だから、たまには真面目になんか言ってみる。


菊花賞は言わずと知れた3000mの長丁場。

「最も強い馬が勝つ」といわれるように、馬が持っているポテンシャルが問われるレース。

その馬のポテンシャルを見る指標のひとつとして血統がある。

と言っても、単に長距離血統がどうかというわけではなく、血の厚みという血の底力のようなもの。

サラブレッドは、当たり前だが、血を重ねられて生産されている。

伝統というものは、単に古いものを守っていても価値は無く、歴史を積み重ねて厚み重みが増すことにより価値が生まれるもの。

同じように、サラブレッドが単に血が次世代に送られるだけではその場限りの軽い馬しか産まれない。

各世代の祖先の血が蓄積されてより優れたサラブレッドが生産される、それが血「統」というのである。

菊花賞では、その血の蓄積が距離適性を凌駕することもある。

血が巡り重なり融合する。

菊花賞は、競馬の醍醐味のひとつである血のドラマを魅せてくれるレースなのかもしれない。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

◎ 12 ワンダーアツレッタ

3代母アチーブスターは、デビュー8戦目で勝ち上がり、2勝馬の身で桜花賞制覇。
秋には3戦敗退後、ビクトリアカップも勝ち、二冠馬。
祖母ワンダーヒロインは、京都3000mの勝ち馬。
その時の鞍上は、ワンダーアツレッタの調教師である河内洋。
適性からはダート短距離向きにも思えるが、上記の牝系と兄2頭が芝2400m勝ちから、距離は問題ない。
最近では珍しく、サンデーサイレンスの血が入ってない。
一頭のスターが輝く血統ではなく、先祖全員の血で戦う、まさに菊花賞向きの血統。
そして、恒例の1000万条件勝ち。
近3走は、全て単勝1倍台で上がり3Fがメンバー3位以内。かつ、前走は3馬身差の圧勝。
1000万条件勝ち馬の中でも、菊花賞に十分通用する戦歴である。
春も、1勝馬で若葉S2着と皐月賞の権利を取る走りをしている。
その皐月賞では堂々の最下位も、夏に力を付けた典型的な上がり馬。
ドゥラメンテが居れば絶対に回ってこなかったデムーロが乗り、騎手で3冠を狙える本気を見せてくれるはず。

○ 16 タガノエスプレッソ

4代母Likely Exchangeからは、Dream Deal〜フェアリードール〜トゥザヴィクトリー〜トゥザグローリー・トゥザワールド。
Dream Deal〜フェアリードール〜ベネンシアドール〜デニムアンドルビー。
この母系は、芝中距離以上で走る下地はしっかり持っており、距離の不安はない。
そして、母母父がトニービン、長距離の後押しがある。
広い範囲で長い距離に向く血を持っており、この裾の広さが血の厚みである。
現在、オッズ的に、1勝馬と最低人気争いをしているが、伝統の2歳重賞勝ち馬で皐月賞トライアル3着馬であることは忘れてはいけない。
朝日杯ステップ→朝日杯→皐月賞トライアル→皐月賞→タービー→菊花賞トライアル→菊花賞という、これ以上ない王道ローテを皆勤。
このローテの馬はメンバー唯一で、このローテをしっかり歩めるのはそれだけで並の馬ではない。
そして、2戦2勝の京都に約1年ぶりに戻ってくる。
結果の出なかった馬が得意の競馬場に戻ったら同じ馬とは思えないほどの変貌を遂げることはあり、馬主的にも京都が庭のこの馬はまさにそれを秘めている。
2002年菊花賞16番人気2着のファストタテヤマと戦績が酷似しており、昨年の同馬主のタガノグランパのあわやの再現もある。
鞍上の菱田君にも、そろそろ初GI制覇の順番が回ってくる頃。

キルトクール 17 リアファル

× 自分でペースを作って主導権を握れる。
○ 全馬に睨まれながら自分でペースを作らないと走れない。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (1)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【競馬予想】菊花賞
Excerpt:◎〔17〕リアファル ○〔12〕ワンダーアツレッタ ▲〔7〕スティーグリッツ △〔2〕サトノラーゼン △〔8〕ミュゼエイリアン △〔9〕アルバートドック △〔15〕ジュンツバサ ≪3連..
Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参
Tracked:2015-10-25 14:40