2015年11月01日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(秋)

今週は、伝統と格式のある天皇賞。

ウチは、ダービーとか天皇賞とか、この伝統と格式のあるレースは馬券的にはサッパリ。

低俗なえげつない穴予想など、伝統と格式の前では一蹴されてしまうのか。

だが、馬券は当たっていないものの、この2年連続でウチが◎を付けたジャスタウェイ、スピルバーグが鮮やかな末脚で快勝。

あと少しで、この伝統と格式に風穴を開けられる。

さて。

しかし、この天皇賞でも、秋は荒れ気味。

その理由を書こうと思ったら、もう去年に書いちゃってたから、そっちを参照してもらうとして。

要は、3歳から古馬から、牡馬から牝馬から、マイラーから長距離馬から、夏の集大成な馬から秋の始動な馬から。

今の日本競馬のオールスターが集まるレースだから、多士済々過ぎて力関係がカオスで荒れまくると。

そういう意味では、穴党のウチ向きなレースなんだけど。

近3年連続で5番人気の馬が優勝。

今年もこの5番人気前後の馬が狙い目か。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(秋)

◎ 12 ダービーフィズ

5番人気前後の馬を狙ったつもりが12番人気馬(爆)
「同一厩舎の人気薄」「同一馬主の人気薄」枠。
そして、今年もあるジャスタウェイ枠。
府中は3勝2着3回、2000mに限っても3戦3連対と、このレースに圧倒的有利な府中適性は抜群。
これも、トニービンの系譜のジャングルポケット産駒のなせることか。
今年に入って、1000万条件からオープンに上がって、サマー2000シリーズを獲って、夏の北海道で覚醒の前兆を見せる。
札幌記念直行組は秋天と相性は良く、3着ながらも勝ち馬と同タイムで上がりメンバー2位なら、実質、この流れに乗る。
鞍上は、デムーロ姉妹の妹クリスちゃん。
姉のミル子に比べて、日本では実績や大舞台での度胸は劣るが、桜花賞のアユサンのようにテン乗りでの一発は侮れない。
展開的には、おそらく、2008年の有馬記念のような展開になると思う。
今年は、エイシンヒカリのように強い逃げ馬が居るから、ペースは速くなる。
そして、有力馬は、それをマークして自然に速くなって脚を使う。
直線で、前に居た馬、エイシンヒカリをマークした馬は全滅。
後の末脚勝負となると、府中得意、末脚確実、覚醒しつつあるこの馬の出番。
ジャスタウェイ、スピルバーグに続くか。

○ 13 ヴァンセンヌ

5番人気前後の馬を狙ったつもりが13番人気馬(爆)
府中は【2 2 0 1】とやはり適性は高い。
今年に入って、4戦とも府中で走って、安田記念を含む3連対。
この府中中心ローテと、スワンSではなく毎日王冠に来たあたりは、マイルCSよりも秋天狙いが見える。
血統的に2000mは長いと言われようとも、先週菊花賞のことを考えれば根拠に弱い。
そもそも、秋天はマイラーでも普通に参戦して普通に走っていくから、1600mで走れれば秋天も走れる。
距離限界説の元凶は母父ニホンピロウイナーだが、この馬自身も、京王杯SC→安田記念→毎日王冠を敗退で、秋天は3着に突っ込んでいる。
そして、ニホンピロウイナー産駒のヤマニンゼファーも、京王杯SC→安田記念→毎日王冠を敗退で、マイラーの烙印を押されたが、秋天をしれっと勝っている。
つまり、ニホンピロウイナーの血が絡むと、京王杯SC→安田記念→毎日王冠を敗退は、秋天激走のフラグ。
前走の毎日王冠は、完全に「試してみた」の走り。
結果は度外視出来、そこで得られたことは、やっぱのこの馬は後からの末脚勝負。
横山典弘なら、本番ではきちんと修正してくるだろうし、自身の天皇賞春秋連覇も懸かってるから、一発は狙ってくる。

キルトクール 15 ショウナンパンドラ

今、ちょうど5番人気。
だがしかし。
オールカマー組は秋天とは相性が悪い。
さらに、この馬自身も府中は得意とは言えず、もし来るとしたら中山の有馬記念の方が可能性がある。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:41 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック