2015年12月13日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 阪神JF

先週のチャンピオンズCは、牝馬のサンビスタが勝利。

まあ、ウチには他に狙いの馬が居たとはいえ、昨年の同レースで15番人気4着な牝馬を、どうして買わなかったのか。

結局、こういう馬に平気で◎を付けられるようにならないと、えげつない馬券は獲れない。

ここが、ウチが馬券を当てられない弱さでもある。

そんなわけで、ちょっと気が抜けている自分にペナルティを与える。

今のウチにとって一番痛いのは金銭的ペナルティ。

ということで。


201512131153000.jpg

ASRock Q1900DC-ITX ×2台


この時期に14kの出費は本当にペナルティ的に痛い(殴)

このマザーボードは市価で14000円くらいなのが、某ネット通販で限定6990円だったので、迷わず1台購入。

購入手続きの後、もう1台欲しかったのでもっと自分にペナルティを与える必要があるので、2台目も購入。

まあ、通常の1台分の値段で2台買えたから、十分に良い買い物をしたペナルティになった。

14000円といえば、今年の残りのGI3レースの馬券購入予算と同じだから、本当に痛い(爆)

自分の不甲斐ない馬券で痛い思いをしたのだから、それは馬券で取り返せという戒め。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 阪神JF

◎ 07 クロコスミア

阪神マイル外回りは、スピードもさることながら、スタミナも要求されるタフなコース。
その点、2歳GIにしては過多な、メンバー最多の7戦のキャリアが、ここ一番でモノをいう。
札幌2歳S3着などの1800m戦、北海道の洋芝、府中の坂と直線と、タフなコースでも結果を残している。
小柄な牝馬には過酷なローテだが、逆に、これだけ走れる底力はメンバー随一。
このあたり、父ステイゴールドのおかげか。
7戦中5戦馬券圏内、7戦中6戦上がりメンバー3位以内と、阪神JFに必要な要素は全て持っている、
関西馬ながら関東の勝浦騎手がずっと乗っており、今回も乗ってくれる。
派手さはないこの馬に、渋いこの騎手はベストコンビ。

○ 06 メイショウスイヅキ

4戦全てで上がりメンバー2位以内の確実な末脚は、このレースに大きな武器。
特に、もみじSの33.0秒は脅威。
前走のファンタジーSは、この馬にとっては前半スローで展開が合わず、結果は度外視出来る。
むしろ、それでも上がり33.2秒で勝ち馬から0.3秒差まで詰め寄った末脚に評価。
このレースは流れが速くなるので、折り合い気にせずレースが進められる。
初騎乗の池添騎手だが、末脚勝負の馬と相性は良く、この馬にとっては良いコンビ。

キルトクール 02 メジャーエンブレム

前走でも、決して直線で止まっていないとはいえ、後から差された結果から、決め手勝負になると分が悪い。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック