2015年12月20日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 朝日杯FS

さて、残すところ、今年のGIもあと2戦。

今年も、アドマイヤテポ・・・いや、これは来週のネタか。

有馬記念の前週だからなのか、ウチの馬券的に相性が悪いのか、朝日杯はウチにとっては影の薄いレース。

毎年、いつの間にかレースがやって来て、いつの間にかレースが終わっている。

ただ、今年は、武豊のJRAGI完全制覇のリーチがかかっているということで。

達成するにしても、阻止されるにしても、いつもの年より注目出来る。

まあ、ウチとしては、阻止する馬探しの方なんだけど。

競馬において、馬じゃなくて人間が達成しようとする記録には、馬の能力よりも競馬サークル内の人間関係の方が重い。

いわゆる「空気読め」というやつである。

だから、この手の記録を阻止出来るのは、外部の人間である外国人騎手か、空気を読まない岩田か、あるいは・・・、といわれる。

ベタかも知れないが、今回はそのあたりに狙いを定める。

しかし、武豊も、今年か来年には朝日杯に勝ってGI完全制覇達成しておかないと、再来年あたりにはそれを阻止する強敵が現れる。

その強敵の名は「ホープフルS、GI昇格」。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 朝日杯FS

◎ 10 タイセイサミット

アッゼニが銭のためならユタカも泣かす。
イタリアの若き有望株として呼ばれたが、日本では思ったほどの活躍が出来ていない。
これでは、来年以降、また呼ばれるかどうか不透明なので、別に空気読まなくたって問題ない。
それこそ、銭のために最後の稼ぎ馬として遠慮なく乗ってくる可能性はある。
馬自身も、デビューから4戦全てで上がりメンバー3位以内と末脚は確実。
1800mからの距離短縮も、いつもの法則で買い要素。
メンバー唯一の阪神2戦経験者で、かつ、2連対と阪神コースを良く知った強み。
前走の東スポ杯6着は、不利などあって度外視出来るし、むしろ、あれで最後伸びて0.4秒差は負けて強しのイメージ。
今年の2歳戦線暴れまくりの父ダイワメジャー、叔母にはヴィクトリアマイル10番人気勝ちのコイウタ。
マイラーの活躍馬に強い矢作厩舎から、また期待の新星。

○ 07 イモータル

弟なら、兄の偉業を阻止しても問題ない。
騎乗予定のムーアがムーアしたので、急遽の乗り替わりも、一発を持っている幸四郎ならむしろチャンス。
キャリア2戦ながらも、極限の末脚を見せて圧勝のデビュー戦。
ハナ差届かなかったものの、1番人気の矜持は見せたサウジアラビアロイヤルC。
マイルの持ち時計はメンバーで1番で、スピード勝負になっても対応出来る。
本来なら、人気的にはユタカの馬に対抗しうる力を持っているが、乗り替わりで人気が落ちたのなら、これ以上おいしいことはない。
幸四郎は素直に馬の能力に従って力を発揮させるのは上手いので、いつもどおりなら素直に勝ち負け。
GIであっと言わせる幸四郎なら、別にここ出来ても驚かない。

キルトクール 11 エアスピネル

当然、力があるのは周知の事実だが、記録達成の方に注目されて、気が付けば見えてない落とし穴にはまる。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 28点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 14点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:41 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック