2016年05月08日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC

先週の春天は、○を打った13番人気カレンミロティックが2着に突っ込み、キルトクール馬の1番人気ゴールドアクターが12着に沈んだ。

三連単が24万馬券だったとはいえ、2番人気キタサンブラックが勝って天皇賞としての矜持が守られたあたり、伝統と格式にはウチは手も足も出ないということか。

しかし、今週は一転、裏GIの祭典NHKマイルC。

しかも、ウチにとって馬券的に最も相性が良いと思われる府中マイルGI。

せっかくなので、いつもの「三連単本線600万馬券」みたいな2ケタ人気馬を軸にするような頭のおかしい予想ではなくて、ちゃんと「競馬予想」をしてみよう。

ということで。

府中マイルといえば、タフさが要求されるコースであり、単なるマイラーよりも中距離適性のある馬が来るとされる。

確かに、最後の直線の長さに途中の坂、これを乗り切るのにはバテないことは重要にみえる。

しかし、府中は広いコースで、スピードに乗ったままスピードをスポイルされずにゴールまで走り切ることが出来る。

ということで、タフな中距離適性馬よりも、スピードで凌駕出来る短距離適性馬に目があるのも府中マイルの特性。

スピード馬なら直線でバテるおそれがあるが、結局、スピードに乗ってバテる前に早くゴールしてしまえば問題ない。

つまり、時計勝負になればなるほど、短距離適性がモノをいう。

今年のNHKマイルCは、明確な逃げ馬がいるし、スピードを抑えずに走ってナンボの有力馬もいる。

スローにはならずに、比較的バラける展開になると予想される。

スピードに容易に乗れるし、バテる前にゴール出来る時計勝負になる。

普段の府中マイルなら、このコースの鬼ディープインパクトに、キングカメハメハはもちろんだが。

スピードの申し子サクラバクシンオーと、府中マイルGI4勝が1:31.4、1:31.9、1:32.5、1:33.7、の高速決着向きのフジキセキの血が騒ぐ今年のNHKマイルC。


  ↓


●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC

◎ 17 ブランボヌール

「2ケタ人気馬を軸にするような頭のおかしい予想ではなくて、ちゃんと「競馬予想」をした」結果が15番人気馬。
上でだいたい書いたので後は補足程度で。
父ディープインパクトに母父サクラバクシンオーは、まさに、府中マイルの鬼。
そして、鞍上三浦皇成は、過去に人気薄を何度も持ってきた、府中マイルの金棒。
メンバー中、このコースに替わるのが最もプラスになる馬。
となれば、函館2歳S圧勝と阪神JF3着と、世代でも上位の実績を持っているこの馬がトップになってもおかしくはない。
17番枠がどうかだが、血統的にも鞍上的にも、内で包まれるよりは外を回らされてもスピードに乗れる方が力を発揮出来る。
三浦皇成は、個人的にも、2014年安田記念グランプリボス、2010年2011年安田記念スマイルジャックと、府中マイルGIで3度馬券でお世話になってる。

○ 01 シュウジ

この馬に余計な修辞はいらない。
父はフジキセキ産駒のキンシャサノキセキ、母父はキングカメハメハの父キングマンボ。
デビューから3連勝で小倉2歳S勝ちの実績。
前に行ってスピードに乗れる脚質は、今の府中マイル向き。
前走は、転厩初戦+道悪+前後半のラップが極端と、惨敗は度外視。
マイルは長い言われるが、府中ならフラットペースで走ればバテる前にゴール出来る。
復調の兆しが見えはじめて岩田の康っさん、秘策があるならそれに期待。

キルトクール 04 メジャーエンブレム

この馬は、前に行くか控えるかとか、スローペースかハイペースかとかではなくて、「自分のペース」で走れるかどうかが肝。
早い話、「周りに合わせることが出来ない子」で「自分1頭だけで走る」のが一番力を発揮出来る馬。
今回は、牡馬混合、前で飛ばす馬がいる、後から来る馬がいる、と、桜花賞よりも周りを気にして巻き込まれる要素が満載。
さらに、4番枠は、この馬にとって包まれたら終わりの危険な枠。

<馬券>
ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:48 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック