2016年10月16日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞

さて、恒例の秋の勝負レースの秋華賞。

正直言うと、もうかつての波乱の代名詞だったレースとは別物になった感はある。

たいていは、春の活躍馬か、遅れて来た大物が人気背負い、その人気に応えるレースになってしまった。

それでも、過去にしがみついて、荒れる秋華賞を追いかけるのは、ウチの責務。

ひとつ希望があるとすれば、春の実績馬、抜けた馬がいる年は堅く収まるが、混戦の年はまだまだ荒れる秋華賞である。

そして、今年はどうか。

阪神JF、NHKマイルC勝ち馬メジャーエンブレムは故障で不在。

桜花賞馬ジュエラーは故障明けでローズS11着。

オークス馬シンハライトは故障で不在。

トップクラスが揃ってアクシデントに見舞われている今年は、久しぶりの波乱の秋華賞が見られるかもしれない。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞

◎ 09 クロコスミア

ステイゴールド産駒の夏を越した成長力を見せ付ける馬。
タフな札幌2歳Sを3着、メジャーエンブレムに0.2秒差のアルテミスS3着。
トライアルを惨敗して春クラシックに出られなかったが、そもそも2歳時から実力の片鱗は見せていた。
ローズSで逃げて2着に粘り込んだのは、先行力がモノをいう秋華賞では大きい。
しかも、ただの逃げ馬ではなくローズS上がり2位を含め、上がり3Fのタイムがメンバー3位以内が11戦中8戦と、末脚も持っている。
前に行けてラストも伸びるとは、この舞台には最高。
京都が未経験だが、前走が阪神で結果を残しているので、秋華賞的には問題ない。
鞍上の岩田の康っさん、ここしばらくは影が薄かったが、ドサクサ紛れの一発では逆に怖い。
GI馬が故障で不在、または故障明けで前走惨敗という、久しぶりの抜けた馬がいない秋華賞。
こういう時の勝負根性で突っ込んで来る馬は、波乱の立役者となる。

○ 14 ミエノサクシード

恒例の1000万枠。
このブログの常連の皆様には、↑これだけで全部説明がつくけど。
1月デビューに、5月勝ち上がりに、9月連勝でこの舞台。
これはもう秋華賞で突っ込んで来るために競走馬やってる馬。
しかも、前走は阪神で1000万条件で1800m戦を勝ったのは大きい。
10戦中、上がりタイムメンバー3位以内が7戦、連勝もキッチリ差して来ているのは実力の証。
鞍上の川島君とのコンビで全3勝、いぶし銀の騎乗であっと言わせる。
ここでもディープ産駒が注目されているが、終わってみれば急激な成長力のステイゴールド産駒のワンツーもありうる。

キルトクール 10 ビッシュ

関西経験なし、前走紫苑S組は安心して切れる。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:50 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442850761

この記事へのトラックバック