2016年10月23日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

菊は一時の恥。

菊花賞でどんなに頭のおかしい予想をしても、来週になったら皆忘れてるから、気にせずえげつない予想をしようという意味。

どうせ、来週の秋天で恥の上塗りするし(殴)

さて、夏を越したことと、ほぼ全馬が未知の3000mということで、それまでの勢力図がアテにならない菊花賞。

しかも、クラシック最終戦にして世代限定GIの最終戦でもある。

それゆえに、駆け込み戴冠が多いのも菊花賞の特徴である。

確かに、2強は抜けている。

しかし、菊花賞だからこそ、付け入る隙はある。

「長い距離は大丈夫?」な馬よりも、「長い距離は大丈夫!」の馬。

下克上の祭典に相応しいレースに期待。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 菊花賞

◎ 01 カフジプリンス

恒例の1500万馬。
とはいっても、古馬混合1000万条件を勝った馬でも、近10年で直行で連対してるのは2009年のスリーロールスのみ。
その他の1500万馬は前走重賞を走っている。
しかも、そのスリーロールスにしても、春に重賞に出走しており、重賞未経験馬にはやはり壁がある。
その点、この馬は、前走、神戸新聞杯で4着で、ローテ的には問題ない。
普通は、2600m戦勝ちというだけで菊花賞向きと思われがちだが、さすがにGIだとスピードの絶対値が足りずに置いて行かれるだけの馬がほとんど。
しかし、この馬は、ロングスパートが出来るスピードがあること、前走で重賞の流れを経験した上に4着に食い込んだこと。
これらの点から、菊花賞で勝ち負けするには十分な能力があると判断できる。
長距離適性&成長力の後押しがあるハーツクライ産駒。
このところ不振続きだが、やはり長距離の大舞台は強い岩田の康っさん。
内枠から先団に付けてロングスパートで押し切りという、菊花賞向きのレースが出来る血統と鞍上。
穴人気し過ぎてる感があるが、元から狙っていた馬なので、初志貫徹。

○ 11 レインボーライン

この舞台ならステイゴールド産駒。
アーリントンC勝ち、NHKマイルC3着と、マイルで実績があるが、本質的には長い距離は問題ない。
ダービーでは最後は詰めていたし、前走は馬場的にあまり参考にはならないが一応上がりメンバー最速。
メンバー唯一の古馬混合重賞を経験して3着に突っ込んでおり、厳しい流れになっても末脚は発揮できる。
一度ハマると確変する福永祐一、人気薄で伸び伸び乗らせたら一発はある。

キルトクール 03 サトノダイヤモンド

ディープ産駒の壁、距離の壁、「サトノ」の壁、あと一歩で終わる感が満載。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:39 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック