2016年11月27日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! JC

先週のマイルCSは、一瞬夢を見た。

直線であんなにワクワクしたのは久しぶり。

しかし、2頭とも例の不利をまともに受けてしまい、あっという間にワクワク気分も吹き飛んだが。

まあ、現実的に、仮にあの不利がなかったとしても、2頭とも突き抜けてたかどうかと言われれば・・・

いずれにしても、きれいな競馬で負けていれば納得もするが、ワクワクしただけに後味の悪いレースではあった。

さて、JC。

有馬記念はマイラーでもいけるので、実質、JCが秋の長距離王決定戦。

2000mを超えてナンボの馬狙い。

ここ数ヶ月の間に急激に力を付けた馬狙い、

長距離でモノをいう斤量の軽い馬狙い。

2005年のわずか数cmでリンカーンが4着になって三連単13万馬券が1・2・4着馬券になった借りを返してもらう時が来た。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! JC

◎ 17 シュヴァルグラン

現状の2400m以上最強馬。
2400m以上のレースでは、重賞2勝GI3着含む7戦全て馬券圏内、上がりも7戦全てメンバー3位以内。
これまでの実績が伴っていないが、やっと本格化した馬なので、実績はこれから作る。
中2週のダメージよりも、2週でも怖いハーツクライ産駒の成長力の方が上。
大外枠も痛恨だが、今の府中の馬場なら、包まれずに良いところを走れるメリットがある。
展開的にも、前半スローでも末脚勝負、内を通らず他馬をまとめて差し切れる馬、ならば展開利はこの馬。
福永祐一、友道康夫、佐々木主浩、このベストコンビで並み居る強豪を差し置いて一気に頂点は十分ありうる。

○ 14 レインボーライン

案外怖い、3歳菊花賞組。
しかも、近10年で、菊花賞2着からの参戦は1勝2着1回。
春はマイルを走っていたが、ステイゴールド産駒で、2000m以上でも走ってるから、距離は問題ない。
稍重の札幌記念で、強豪古馬相手に上がり最速タイで3着。
馬場が渋っても、強豪古馬相手でも、結果を残してるあたり、このJC向き。
末脚勝負のレースで、さらに3歳55キロの斤量でまた有利。
スピード一辺倒の馬でないから、この時計が掛かる2400m戦は、むしろ一番なのかもしれない。

キルトクール 03 ゴールドアクター

近年のJCとの関連性が薄いオールカマー組。
下手にキタサンを追って前に行くと、ラストで末脚馬に差し切られる。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 30点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 15点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444375106

この記事へのトラックバック