2017年02月19日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! フェブラリーS

さて、今年もGIが開幕。

ダートのGIといえば、実績のあるおっさんが幅を利かせていて、「またこいつかよ」と、同じような馬で回っているように感じる。

しかし、フェブラリーSは、比較的若い馬が突っ込んで来るケースが多い。

テキトーに考えると、フェブラリーSは1600mで行われる。

このレースに出走する一線級の馬は、だいたい1800m〜2000mが主戦場であるから、1600mだとちょっと忙しいのかもしれない。

また、実績馬は、ほぼ地方のGIを転戦しており、GI以外でも中央のレースを走ることが少なくなる。

一般的に、中央と地方では、中央の方がタイムを要求され、スピードが必要となる。

なので、まったりとした地方の中距離に慣れたおっさんが、スピード勝負のマイル戦に出ると、出し抜かれるのもおかしくはない。

今年のメンバーを見ると、おっさん馬はども勢いに陰りが見える馬ばかり。

ここは、活きのいいピチピチの若い馬で勝負。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! フェブラリーS

◎ 15 ケイティブレイブ

今年は4歳馬で世代交代。
兵庫CS勝ちなど、3歳時は世代トップクラス。
秋以降も、古馬相手に重賞連勝など、このメンバーに入っても気後れはしない。
前走は、下手に控えて気分良く走れなかっただけ。
自分のペースで走れば、最後まで持つ。
兵庫CS勝ち→明け4歳で最低人気でこのレースを制したコパノリッキーに引導を渡すのは、同じ兵庫CS勝ち→明け4歳11番人気のこの馬。

○ 03 ゴールドドリーム

今年は4歳ワンツーがある。
この馬も、ユニコーンS勝ちなど3歳時は世代トップクラス。
さらに、府中ダートマイルは【2 1 0 0】とベストの舞台。
去年の武蔵野Sなど、8戦中7戦で上がりメンバー3位以内で、末脚はメンバートップクラス。
それでいて、前目に付けることも出来るので、後ろから一辺倒の馬よりも有利に運べる。
前走は自分の走りをしてないので、完全に度外視出来る。
今回は、ベストの舞台に展開的にも末脚が活きれば確実に突っ込んで来る。

キルトクール 10 カフジテイク

末脚はメンバー随一なのは異論はないが、追い込み一辺倒で展開頼みなのは買い辛い。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 28点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 14点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:38 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447144479

この記事へのトラックバック