2017年04月02日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 大阪杯

今年からGIに昇格した大阪杯。

ハード面、つまり施行条件は、GIIだった去年までと変わらないが。

ソフト面、つまり臨戦過程、調整方法、思惑など関係者の意識は、去年までと異なると思われる。

レースは生き物、意識や心構えの違いで、去年までと全く異なるレースとなりうる。

「いつもと変わらない」「自分のレースをするだけ」、そうは思っていても、「GI」これが気にならない陣営はいない。

他馬の出方など、「様子見」の意識が芽生えれば、そこに付け入る隙はある。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 大阪杯

◎ 11 マルターズアポジー

こういう時に強みなのが、人気薄の逃げ馬。
前走で前半1000m57.6秒で逃げ切ったように、ハイペース逃げが出来たのは大きい。
これでは、他馬はまず競ってこないでマイペースで逃げられる。
さらに、ほとんどの陣営はキタサンをマークするから、この馬はノーマークになる。
キタサンとそれをマークする中団勢は道中に脚を使わされて最後は伸びない。
有馬記念の15着は、マイラーの競馬ではなく正真正銘の2500mの競馬をしてしまったから持たなかっただけ。
必ずしもGIで力不足だったわけではない。
今回は得意の中距離2000mで、これなら強豪相手でも気後れしない。
さらに、今週からBコースで、内にピッタリくっついて走ればスルスル逃げ切れる。

○ 10 モンドインテロ

穴を開けるなら、距離短縮の後方馬。
陣営は、内回りコースだと後ろからの競馬になるとコメント。
ならば、先行中団勢が道中で脚を使わされる展開になっても、影響は受けない。
出来るだけ我慢して、他の馬が伸びない中で、末脚を炸裂させれば、十分突っ込める。
これまで長めの距離を走ってきたが、ディープ産駒だけに距離短縮はもっとプラスになる。
鞍上の内田博幸は、人気薄のGIではえげつないことをする。

キルトクール 14 マカヒキ

前走も案外で、「ダービー馬は、ダービー後はイマイチ」のジンクスに嵌ったか。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 24点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 12点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:26 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448659567

この記事へのトラックバック