2017年04月16日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 皐月賞

さて、今週は皐月賞。

皐月賞は割と荒れやすいイメージがあるけど。

まあ、近10年で、1番人気馬が連対したのは4頭だし、6番人気以下の馬が連対したのは7頭だし、そのように見えるが。

しかし、2007年の162万馬券、2009年の39万馬券以外は、三連単の配当は10万円以下。

1番人気以外のそこそこの人気馬と、真ん中くらいのそこそこの人気薄馬あたりを軸にするのが現実的かもしれない。

3着にえげつない馬が突っ込んで来るのを期待しながら。

ところで、最近は共同通信杯組が幅を利かせて、近5年で4勝もしているが。

その前は、若葉S組が突っ込みまくっていて、傾向がガラリと変わった。

ということは、そろそろ、共同通信杯組も終焉を迎えると思う。

次は、どのローテ組が来るのか。





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 皐月賞

◎ 04 カデナ

ということで、弥生賞組。
全5戦で上がりメンバー最速。
持ち時計が遅いので、高速決着になった場合が未知数だが。
ディープ産駒なので、むしろ、高速決着の方が持ち味発揮できる。
スローでも結果を残してきたのだから、掛かる心配は無いと見ていい。
内目の枠で、末脚勝負の馬だから、道中で詰まる心配もあるが。
時計が速くなれば、馬群もばらけて捌きやすくなる。
唯一の重賞2勝馬、1番人気ではない気楽さ、力を発揮出来る状態にある。

○ 15 アダムバローズ

怖いのは人気薄の前残り。
前走の若葉Sは、近年でも速い方の決着で、それを押し切っている。
ハーツクライ産駒で、スピードとスタミナを兼備しており、中山の最終週の高速決着という舞台向き。
重賞未勝利も、メンバー最多の4勝。
実力的には決して見劣りしない。
忘れた頃にやって来る人気薄の前残り。

キルトクール 08 ファンディーナ

3戦全勝で強い競馬をしてきたのは確かだが、抜けているかといえばそうでもない。
それに、ここは広い府中ではなく小回りの中山での紅一点。
たとえていうと、駅前の大通りで周りに男だらけで女一人ならそうでもないけど。
薄暗い路地裏で男に囲まれた女一人なら怯まないはずがない。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し 32点
まじかる☆三連複 ◎○−◎○−総流し 16点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 11:40 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449058777

この記事へのトラックバック