2017年06月25日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念

JRAの上半期の締めくくり、宝塚記念。

そして、このレースを当てたおかげで2回散財が出来た、ウチの大得意レース(爆)

宝塚記念は、他のレースに比べて法則が強いので、それにハマれば比較的当てやすいレースである。

なんと言っても、宝塚記念は「GI未勝利馬救済レース」。

GIを勝てる力がありながらあと一歩だった馬が、悲願を達成するレースでもある。

他の古馬王道路線のレースに比べて、フルゲートになりにくい、道悪になりやすい、蒸し暑い。

これらの傾向の変化で、逆転の余地があることが要因だと思われる。

そして、牝馬。

近7年で6回7頭の牝馬が馬券に絡んでいる。

牝馬は夏に強いのももちろん、牡馬王道とは別路線なのが要因と思う。

牡馬王道組は春天からの転戦で、やはり3200m走って疲れた後の蒸し暑いレースはキツイ。

それは、牡馬でも春天未出走で鳴尾記念(かつては金鯱賞)組が突っ込んでくることからも読み取れる。

今年は、さみしい11頭立てで、えげつない馬券は期待できないが、その分当てやすいレースとなる。

2013年も11頭立てで、三連単2万3420円だったが、ウチは当てたし。

抜けた馬が1頭いるが、逆転要素は山ほど散りばめられているし、どの馬が来てもおかしくはない。



まっ、何が来ようと、まーかせなさーい!

makasenasai.jpg





●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念

◎ 05 シュヴァルグラン

「GI未勝利馬救済レース」対象馬。
前走からの距離短縮はこの馬にとっては必ずしも有利ではないが、道悪でパワー勝負となれば出番。
少頭数のため馬群を捌きやすく、スムーズな競馬が出来る。
馬場か渋れば意外とモノをいうのが持ちタイム。
2200mは2分11秒9で、メンバー中2位タイの持ち時計。
5歳になったハーツクライ産駒が最も力を発揮出来る舞台は整った。

○ 08 ミッキークイーン

ディープ産駒の牝馬は怖い。
有力牡馬の多くがレコード決着の春天組の中、完全別路線の怖さを思い知れ。
前走は、スローのマイル戦で度外視。
阪神は【3 3 0 0】、道悪も【2 0 0 0】と、今回の舞台に最も合う馬。
そして、道悪になればモノをいうのが斤量差。
牝馬だからとはいえ他馬よりも2キロ軽いのは、他馬が58キロゆえに数字以上のアドバンテージ。

キルトクール 10 キタサンブラック

3歳秋以降、2015年有馬、2016年宝塚、有馬と、休み明け3戦目は必ず負けている。
しかも、2着以下の6回の内、急坂のある直線の短いコースの阪神中山で5回。
つまり、このレースは最も付け入るスキがあると言える。
そして、3200mの春天レコード勝ちの反動。
楽に逃げているように見えても、常に追われる立場のプレッシャーは、知らず知らずのうちに見えない斤量となっている。

<馬券>

ツンデレ☆三連単 ◎○→◎○→総流し マルチ 54点
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:19 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック