2012年12月23日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 有馬記念

今年も人としてどうかと思う予想ばかりやってきたけど、一年最後の大勝負、有馬記念。

2週前の阪神JFで、GI史上4位となる三連単高額配当304万馬券が飛び出したけど。
ここで、もう一回、GI三連単高額配当歴代トップ5を見てみよう。

1位 2008年 秋華賞 1098万2020円
2位 2007年 NHKマイルC 973万9870円
3位 2008年 桜花賞 700万2920円
4位 2012年 阪神JF 304万7070円
5位 2006年 スプリンターズS 263万7570円

この、GIで高額配当が飛び出した年の有馬記念は、2006年こそディープインパクトが勝って平穏に終わったけど。
2007年はマツリダゴッホが勝って80万馬券、2008年は2着に最低人気馬アドマイヤモナークが突っ込んで98万馬券。

GIでえげつない馬券が出た年は、有馬記念も荒れる。
ということで、今年も期待大。

今年のキーワードは「中山巧者」。

特定の競馬場では滅法走る、という馬はよくいる。
だから、中山競馬場では走る馬も当然いるし、そういう馬は「中山巧者」と呼ばれたりする。
だけど、中山で走る馬は、「器用」というイメージはあっても、「強い」というイメージはあまり湧かない。

中山競馬場は、その形態からトリッキーなコースと言われる。
そのため、その馬が持っている能力を十分発揮させない、能力をスポイルする性質を持つコースと言えまいか。

だから、中山競馬場の攻略法としては、いかに実力を発揮するかではなく、いかに実力発揮を邪魔されないかにあると思われる。
80の能力しか持たない馬でも全く実力発揮を邪魔されなければ、100の能力でも実力発揮を邪魔されて75%でしか走れなかった馬に勝てるのである。

中山で走る馬は、「能力のある馬」ではなく、「能力発揮を邪魔されない馬」。
こういう観点から、有馬記念を見るのも面白い。


ところで、有馬といえば世相馬券であるが。

去年は、直前に金正日がテポドンになったのに、アドマイヤテポドンが来なかったから、もう世相馬券を考えるのが面倒くさくなった(爆)

世相馬券というのは、「その手があったか!」と思わせるものであって、それをいかにレース前に見付けるかが勝負所。

だから、今年の漢字一字が「金」だからゴールドシップが来ると言っても、それが本当に来たとしても、1番人気馬だから別に面白くないじゃん?
今年の漢字にこだわるのなら、「金」だからローズ「キン」グダムくらい言わないと(爆)


そんなわけで、泣いても笑っても笑われても一年の総決算。





  ↓



馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 有馬記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 02:07 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)