2009年12月24日

人としてどうかと思う穴党馬券師の視点から見る有馬記念@展開予想編

と言うことで、月曜火曜と有馬記念に出走する16頭について寸評を書いたけど、今日は有馬記念の展開予想について。

よく考えたら、去年の有馬記念は展開の読みがズバリ当たったから、あの98万馬券を当てたようなもの。
今年も展開をしっかり読んで、確実に馬券を当てに行く。

まずは、既に確定した枠順から。


1  1 アンライバルド    牡3  55.0  M.デムーロ
1  2 ブエナビスタ     牝3  53.0  横山典弘
2  3 ミヤビランベリ    牡6  57.0  吉田隼人
2  4 マイネルキッツ    牡6  57.0  三浦皇成
3  5 コスモバルク     牡8  57.0  五十嵐冬樹
3  6 エアシェイディ    牡8  57.0  後藤浩輝
4  7 マツリダゴッホ    牡6  57.0  蛯名正義
4  8 リーチザクラウン   牡3  55.0  武豊
5  9 ドリームジャーニー  牡5  57.0  池添謙一
5 10 スリーロールス    牡3  55.0  浜中俊
6 11 イコピコ       牡3  55.0  内田博幸
6 12 テイエムプリキュア  牝6  55.0  熊沢重文
7 13 シャドウゲイト    牡7  57.0  田中勝春
7 14 セイウンワンダー   牡3  55.0  藤田伸二
8 15 ネヴァブション    牡6  57.0  北村宏司
8 16 フォゲッタブル    牡3  55.0  C.ルメール


個人的に狙っていた本線級の馬はウハウハな枠に入って、ヒモで要注意の馬が外目か。
全体を通してみると、まずまずの振り分けになったのではないかな。

まずはスタートから。ゲートが開くと同時に各馬一斉に飛び出す。

スタートしました。おっと、一頭落馬。ああ、リーチザクラウンだ。リーチザクラウン落馬、競走中止です(殴)

まあ、冗談はさておき。
しかし、武豊なら本当にやってしまうかもしれないところが怖い(爆)

やはり、テイエムプリキュアがスッとハナに立つ。
少し離れた2番手、落馬しなければリーチザクラウン(爆)
そして、ミヤビランベリ、コスモバルク、マツリダゴッホあたりが3番手グループ。
ブエナビスタは、今回は意外と中団あたりを追走すると思う。

1周目の正面で、こんな感じかな

12−8−(3・5・7)(4・10・16)(2・13・14・15)1・11・6−9

プリキュアが軽快に逃げて、6馬身くらい後ろにリーチ。
3馬身の差で次のグループ。

1000mを60.7秒くらいのペース。
去年のダイワスカーレットと近いくらいと予想する。

元々、前で競馬をする馬が多いし、エリ女のこともあるからプリキュアは意外とマークされててどの馬も無意識のうちに追って行く。
それと、ブエナビスタが中団あたりにいるから、有力馬はそれも意識してそれよりも前目に行こうとして、さらに流れが厳しくなる。

いよいよ、3コーナーから残り600mを通過して、各馬スパート。
さすがにこのペースだとプリキュアは潰れる。
そして、前で競馬をしていた馬も、ブリキュアを追ううちにスタミナ切れで続々と脱落。
ブエナは前を追った影響で末脚が不発。
そこへ、後ろからあの馬がキター!!
前でも、しぶとく残っていたあの馬と最後の直線叩きあい。
そして、ゴール。

とまあ、こんな感じ。
「あの馬」ってのはもう決まってるけど、まだ秘密。


まあ、展開予想の結論としては、去年の似たような展開になって、前で競馬をした馬は潰れて、後ろからの馬に有利、と。



と言うことで、展開予想編は終わり。

あと、世相馬券編があるけど、これは土曜日夜の有馬記念の本予想の記事にて考察する。

まあ、ヒントを書いておくと、今年のキーワードは「政権交代」で間違いない。
当然、これはあちこちで語られており、3歳馬が俄然注目を浴びている。

ただ、ウチとしては「政権交代=3歳馬」じゃないんだな、これが。
3歳馬ではない政権交代をお見せしようではないか。

当然、アドマイヤテポドン、アドマイヤモナに続く、ネタ世相馬にもご期待下さい(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:57 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)