2009年12月24日

人としてどうかと思う穴党馬券師の視点から見る有馬記念@展開予想編

と言うことで、月曜火曜と有馬記念に出走する16頭について寸評を書いたけど、今日は有馬記念の展開予想について。

よく考えたら、去年の有馬記念は展開の読みがズバリ当たったから、あの98万馬券を当てたようなもの。
今年も展開をしっかり読んで、確実に馬券を当てに行く。

まずは、既に確定した枠順から。


1  1 アンライバルド    牡3  55.0  M.デムーロ
1  2 ブエナビスタ     牝3  53.0  横山典弘
2  3 ミヤビランベリ    牡6  57.0  吉田隼人
2  4 マイネルキッツ    牡6  57.0  三浦皇成
3  5 コスモバルク     牡8  57.0  五十嵐冬樹
3  6 エアシェイディ    牡8  57.0  後藤浩輝
4  7 マツリダゴッホ    牡6  57.0  蛯名正義
4  8 リーチザクラウン   牡3  55.0  武豊
5  9 ドリームジャーニー  牡5  57.0  池添謙一
5 10 スリーロールス    牡3  55.0  浜中俊
6 11 イコピコ       牡3  55.0  内田博幸
6 12 テイエムプリキュア  牝6  55.0  熊沢重文
7 13 シャドウゲイト    牡7  57.0  田中勝春
7 14 セイウンワンダー   牡3  55.0  藤田伸二
8 15 ネヴァブション    牡6  57.0  北村宏司
8 16 フォゲッタブル    牡3  55.0  C.ルメール


個人的に狙っていた本線級の馬はウハウハな枠に入って、ヒモで要注意の馬が外目か。
全体を通してみると、まずまずの振り分けになったのではないかな。

まずはスタートから。ゲートが開くと同時に各馬一斉に飛び出す。

スタートしました。おっと、一頭落馬。ああ、リーチザクラウンだ。リーチザクラウン落馬、競走中止です(殴)

まあ、冗談はさておき。
しかし、武豊なら本当にやってしまうかもしれないところが怖い(爆)

やはり、テイエムプリキュアがスッとハナに立つ。
少し離れた2番手、落馬しなければリーチザクラウン(爆)
そして、ミヤビランベリ、コスモバルク、マツリダゴッホあたりが3番手グループ。
ブエナビスタは、今回は意外と中団あたりを追走すると思う。

1周目の正面で、こんな感じかな

12−8−(3・5・7)(4・10・16)(2・13・14・15)1・11・6−9

プリキュアが軽快に逃げて、6馬身くらい後ろにリーチ。
3馬身の差で次のグループ。

1000mを60.7秒くらいのペース。
去年のダイワスカーレットと近いくらいと予想する。

元々、前で競馬をする馬が多いし、エリ女のこともあるからプリキュアは意外とマークされててどの馬も無意識のうちに追って行く。
それと、ブエナビスタが中団あたりにいるから、有力馬はそれも意識してそれよりも前目に行こうとして、さらに流れが厳しくなる。

いよいよ、3コーナーから残り600mを通過して、各馬スパート。
さすがにこのペースだとプリキュアは潰れる。
そして、前で競馬をしていた馬も、ブリキュアを追ううちにスタミナ切れで続々と脱落。
ブエナは前を追った影響で末脚が不発。
そこへ、後ろからあの馬がキター!!
前でも、しぶとく残っていたあの馬と最後の直線叩きあい。
そして、ゴール。

とまあ、こんな感じ。
「あの馬」ってのはもう決まってるけど、まだ秘密。


まあ、展開予想の結論としては、去年の似たような展開になって、前で競馬をした馬は潰れて、後ろからの馬に有利、と。



と言うことで、展開予想編は終わり。

あと、世相馬券編があるけど、これは土曜日夜の有馬記念の本予想の記事にて考察する。

まあ、ヒントを書いておくと、今年のキーワードは「政権交代」で間違いない。
当然、これはあちこちで語られており、3歳馬が俄然注目を浴びている。

ただ、ウチとしては「政権交代=3歳馬」じゃないんだな、これが。
3歳馬ではない政権交代をお見せしようではないか。

当然、アドマイヤテポドン、アドマイヤモナに続く、ネタ世相馬にもご期待下さい(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:57 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)

2009年12月22日

人としてどうかと思う穴党馬券師の視点から見る有馬出走馬寸評@古馬編

と言うことで、昨日の3歳馬編に続いて、今日は古馬編。
まあ、いつものように「人としてどうかと思う」が冠に付いてるので、その辺を考慮すること(爆)


・エアシェイディ

怖い怖い。
着順に関係なく、JCの上がり3Fをメンバートップクラスで走った馬は有馬要注意。
後藤浩輝とコンビを組んだ23戦で掲示板を外したのは3回だけ。
ただ、8歳というのと、今年あまりよくない後藤と言うところが。

・コスモバルク

史上初の有馬6年連続出走。
ただ、ここ数年を見ても買える要素は全くない。
やはり、能力があっても、中央と地方の調教の差かな。
良い馬と良い調教が合わさってこそ歴史に残る馬となると言うこと。

・シャドウゲイト

腐っても海外GI馬。
この馬も近走を見ると買えたものじゃない。
が、中山【3 2 0 5】の成績が、怪しい雰囲気を醸し出す。

・テイエムプリキュア

さすがにエリ女の手はもう使えそうにないけど。
ただ、あのレースが頭に残っている他の陣営がある程度この馬をマークして乱ペースにでもなれば、あるいは。
中山2500mは途中で息が入れられるから、上手く立ち回れば、あるいは。

・ドリームジャーニー

古馬の代表格のようなツラをしてやがるが。
中山は確かに得意と言えるけど、本来主役を張るはずの4・5歳馬が、今回はこの馬だけってのもね。
若い3歳馬と古狸の6歳以上馬の間に挟まれて、まるで中間管理職のような板挟みで委縮しそう。

・ネヴァブション

全7勝中4勝が中山という中山巧者。
あと、2500mは3勝と、この舞台向きの馬かも知れない。
が、近走を見るとちょっとね。


・マイネルキッツ

この馬も、JC上がりタイムはメンバーでトップクラスだった。
今回も、ある程度中団後ろ目に付けて、末脚勝負すると幸せになれるかも。
三浦皇成という男は、初GI勝ちが有馬、とか平気でやりそうで怖い。


・マツリダゴッホ

一昨年の勝ち馬。
まあ、中山と言うだけで買い要素だが、案外GIクラスでは善戦止まり級の馬じゃないか。
ただ、今回はメンバー的にはGIIクラスだから、鬼の居ぬ間の何とやら。

・ミヤビランベリ

これがGI初出走。
アルゼンチン共和国杯を逃げ切ったのが怖いね。
っていうか、2500mも3戦3勝じゃないか。
ただ、一線級の馬と走って、どれだけ能力を発揮出来るか。



ということで、2日間に渡ってお送りした「人としてどうかと思う穴党馬券師の視点から見る有馬出走馬寸評」ですが。
これは、あくまで適当にウチの偏った視点での寸評だと言うことをご承知おき願います。

また、昨日書き忘れたけど、この寸評は、現時点では特定の馬の応援や推奨をするものではありんせん(爆)

さて、明日はこのブログは定休日なので(爆)、木金あたりには「展開」「世相馬券」の「人としてどうかと思う考察」を、持ち帰って前向きに検討したい所存(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年12月21日

人としてどうかと思う穴党馬券師の視点から見る有馬出走馬寸評@3歳馬編

と言うことで、有馬ウィーク特集(爆)

人としてどうかと思う穴党馬券師こと、藍ノ花 恵師の偏った視点で、有馬記念出走馬を見てみよう。
今日は3歳馬編。

・アンライバルド

皐月賞馬だが、近走は目を覆いたくなるような惨憺たるもの。
皐月賞を境に、全く別馬のようになったフサイチジャンクとか、その辺の類かも。
鞍上にデムーロ、中山2戦2勝のプラス面はあるけど、挽回は難しそう。

・イコピコ

神戸新聞杯勝ちで一気に菊花賞有力候補になったが、結局馬券にも絡めず。
神戸新聞杯をフロックと見るのが妥当だが、菊花賞と鳴尾記念は4着と言うのが一発逆転を秘めてそう。

・スリーロールス

菊花賞馬。
菊花賞からの直行ローテも良いし、距離適性は十分。
だけど、積極的に切る要素は見当たらないけど、積極的に買いの要素も見当たらない。

・セイウンワンダー

3歳馬で怖いのはこの馬。
マイラーと思われていたのに、菊花賞は掛かりながらも3着。
「有馬はマイラー」の持論にも合う。
ただ、福永祐一が乗れないのは一気に評価を下げざるを得ない。

・ブエナビスタ

言わずと知れた牝馬2冠馬。
ただ、近年でも、テイエムオーシャン、ファインモーション、カワカミプリンセス、ウオッカと、3歳牝馬はことごとく壁に阻まれてきた。
ダイワスカーレットが2着に入ったことはあるが、この馬がダイワスカーレット級かと言われればそうは思わない。

・フォゲッタブル

菊花賞2着、ステイヤーズS1着。
長距離はお手の物の感があるが、有馬は単なるステイヤーでは通用しない。
しいて買い材料と言えば、ルメールが乗ることか。

・リーチザクラウン

そんなに強い逃げ馬には見えない。
武豊も、この馬は2000mくらいまでの馬と示唆しているので、2500mはどうか。
ただ、さっきも言った通り「有馬はマイラー」。この辺の馬が最後まで持てば逆に怖いかも知れない。


ということで、今年のキーワードは「政権交代」と言われているように、3歳馬に注目が集まりがちだが、よく見るとどの馬も一長一短があって「これは」という3歳馬も以内のが実情。
たから、「あえて言えばこの3歳馬かな」という消極的選択で選ぶしかないようだ。


さて、明日は古馬編をお送りする予定。
時間が無かったら延期だけど。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:41 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年10月26日

秋天と府中適性

たまには、予想以外でも競馬の記事を書いてみよう。

ということで、菊花賞で押さえが引っ掛かっただけとは言え、馬連当たったので、次の天皇賞も調子に乗ってみる(殴)
まあ、また総流し作戦をするつもりなので、ウチが選んだ人気薄馬さえ突っ込んで来てくれたら、あとは別にウオッカが来ようと構わないけど。

で、当たり前だけど、秋天は府中で行われる。

あくまで、個人的な感覚だけど、府中は他の競馬場に比べて競馬場適性がモノを言う。
要するに、府中は府中が得意な馬がいたら、とりあえず押さえておけと言うこと。

一方、最近のGIでは、たまたまなのか苦手克服したかのはともかく、今まで、苦手だった競馬場で激走する馬が度々出て来てるような気もする。
2005年の有馬、それまで中山は全着外だったハーツクライがディープインパクトを破って勝ったレースを見て以降、そういうケースが割とあると思えるのね。

で、今回の秋天の出走メンバーでも、明らかに府中が得意な馬と、明らかに府中が苦手な馬がいる。

まず、府中が得意な馬。

アサクサキングス【2 1 0 3】
ウオッカ【5 3 1 1】
エアシェイディ【4 4 0 4】
シンゲン【6 0 0 2】
スクリーンヒーロー【2 1 0 2】

次に、府中が苦手な馬。

エイシンデピュティ【1 0 1 4】
カンパニー【1 0 1 9】
コスモバルク【1 1 0 8】
サクラメガワンダー【0 0 0 6】
ドリームジャーニー【0 0 1 3】
マツリダゴッホ【0 0 0 3】

当然、府中が得意な馬は、どの馬が来てもおかしくないメンバーだが、府中が苦手な馬の中にも、今なら克服して来るんじゃないかと思える馬がゴロゴロいる。

ウチは、いつものように府中得意馬で攻めようかと思ってたけど、府中苦手馬も「府中が苦手」と言う理由で人気を落とすなら狙ってみるのも面白いかと。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:01 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年10月22日

菊花賞枠順決定に関して一言

○印の予定だったロードアイアンが除外orz

っていうか、19頭の中で一番菊向きの戦績じゃあないの。
デルタブルースと同じ九十九里特別勝ちだし。

それが、よりによって6/7の抽選漏れって。

規定通りの抽選の結果だから仕方ないけど、これでこの馬狙い立った人が馬券を買うのを控えて、JRAは売り上げ減。

俺は代替馬を探すとしよう。

まあ、◎印予定の馬は抽選突破したからグヘヘヘ(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:35 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年10月19日

乱菊フラグ

1986年の菊花賞を6番人気で勝利、さらに、1987年の有馬記念を10番人気で勝利したメジロデュレンが10/15に死亡した。

メジロデュレン号が死亡(JRAホームページ)

1987年の有馬記念は、その10番人気メジロデュレンが勝ち、2着に入った7番人気のユーワジェームスとの”ユメ馬券”で、枠連1万6300円が炸裂。(当時は枠連までしかなかった)

しかし、過去のデータ見ると、その時3着だったハシケンエルドは14番人気だったので、もし当時に三連単があれば、とてつもなくえげつない馬券になってたね。

まあ、メジロデュレンはその有馬記念が印象強いけど、菊花賞を勝った時だって6番人気。
今はもう無いけど、菊花賞と同じ京都芝3000mの嵐山特別(1400万条件)を勝っての菊花賞挑戦だったのに。
距離実績が格を凌駕することを改めて思わされるレース。

さらに、その年の菊花賞は主役不在の乱菊とも言われていた。

これって、今年と重なるよね。

そんな思いで、今度の菊花賞のスポーツ紙の馬柱見てたら、いかにも菊花賞向きの馬がいたから、これで軸馬2頭は決定。
2頭とも、いわゆる古馬混合1000万条件を勝って来た賞金1500万円馬だから、まずは抽選を突破することを祈る。

出走してきたら、もう馬券は獲ったも同然。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:08 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年10月18日

【昨年の雪辱を】馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞【三連単本線13557.9倍】

さて、いよいよ来週、マイクロソフトの新OS、Windows 7が発売する。
と同時に、わすが2年半の短命で終わってしまうOSがWindows Vista。

とまあ、この時期に適当に意味深なことを言ってみるテスト(爆)

ということで、俺の秋華賞がやって来た(殴)

去年のことについては、ブログでも散々言って来ているのでいい加減しつこいだろうからもう言わないけど。
ただ、その去年の雪辱を果たすために、当初は勝負度・低だったのを、急遽、今季最大にの勝負レースに格上げ。

まあ、勝負度が低かったのは、例のビスたんの存在だったんだけどね。
各所で言ってるけど、春に走った馬とか、抜けた馬がいる年は平穏に収まる。
今年は、ビスたんが圧倒的なので、まず馬券圏内を外すことは無いと言える。
そうなると、穴党の出番なしのように思われるが、穴党は転んでもタダでは起き上がらない。

三連単馬券というのは、1頭人気馬が絡んでも、残り2頭がえげつない馬だったら、それでもかなり付く。
去年の菊花賞。
勝ったのは1番人気のオウケンブルースリだったが、2・3着に15・9番人気の馬が突っ込み、三連単52万馬券を炸裂させている。

となると、狙い目は決まって来る。
秋華賞では、人気薄の関東馬がしばしば突っ込んで来て馬券を炸裂させているので、今回は人気薄の関東馬で包囲網を固めてみる。

1番人気必至のビスたんに、自慢じゃないが穴馬をビックアップするのが得意なウチが厳選した人気薄馬。
そして、それらの馬から総流し。

ということで、これで決まった。
後は、黙ってても当たってしまう。
果報は寝て待て。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 秋華賞
Posted by 藍ノ花 恵師 at 01:05 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (1)

2009年07月31日

「夏は牝馬」って言うけど・・・

よく「夏は牝馬」って言うけど。

2006年にサマーシリーズが始まって、「スプリント」「2000」ともに延べ17レースずつが行われたが、「スプリント」では確かに牡馬3勝に対して牝馬は14勝と圧倒している。

一方、「2000」の方は、牡馬14勝で牝馬3勝と全く数字が逆転している。

まあ、サマーシリーズに限らず全体の印象から言っても、短い距離では牡馬と互角に走る牝馬は結構いるけど、中長距離はほとんど牡馬の独壇場のような気もする。

「夏は牝馬」のイメージで、のべつ幕なしに牝馬を買ってもしょうがないね。

逆に言うと、「2000」で人気を背負ってる牝馬は躊躇いもなく消せる。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:40 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年07月10日

藍ノ花 恵師的今年度最注目2歳馬

たぶん、ウチのフログをチェックしてる人の中で、6人くらいは見当付いてるんじゃないかと思うけど。


■ローザミスティカ[牝2]栗東・橋口弘次郎(父・アグネスタキオン、母・ロゼカラー)


さあ、アリスゲームの始まりですよ?(殴)

今年のローザネイ一族の2歳馬は、ローザグランデ、ローザミスティカ、ローズキングダムがいるけど、この馬を注目したい。

べっ、別に、名前だけで注目してるわけじゃないんだからねっ!(爆)

この一族では初(?)のアグネスタキオン産駒。
えげつない走りをしそうな気がする。

ローザネイ一族は、ローザミスティカの母ロゼカラー(デイリー杯3歳S)、 ロサード(オールカマー、小倉記念2勝、京阪杯、新潟3歳S)、ヴィータローザ(セントライト記念、中山金杯、ラジオたんぱ賞)、ローズバド(フィリーズレビュー、マーメイドS)、ローゼンクロイツ(金鯱賞、中京記念、毎日杯)と、重賞勝ち馬がズラリと並んだ、まさに華麗なる薔薇一族。
しかし、一族で重賞を14勝しながらも、GIは未勝利。
ローズバドが、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯の各2着があるけど。

今年、GIを狙えるとしたらローザミスティカでしょう。

ということで、デビュー戦は7/12の阪神の新馬戦。
まあ、調教がイマイチっぽいので、デビュー勝ちはどうかと思われるみたいだけど、この後の小倉の未勝利で勝ち上がるでしょう。
で、秋に重賞から阪神JF、そして、来春のクラシック。

日曜日、間に合ったら、難波でローザミスティカの単勝馬券でも買ってこよう。
久々のネタ馬券になる。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:53 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年06月22日

武豊の凋落

宝塚記念で武豊が乗るのはスマートギア。

まあ、ウオッカが回避したとは言え、スマートギアの主戦とは言え。
仮にも宝塚記念なのに、準オープン馬に乗るとは武豊も落ちたものよのぅ(爆)

モンテクリスエスはアンカツに取られたし。
まあ、武豊がウオッカに乗る予定だったから、陣営はさっさとアンカツに依頼したんだろうが。

カンパニーは、横典がスクリーンヒーローに乗るために空いたのに、康っさんの方に依頼が行った。
まあ、武豊と近藤利一は絶縁したからこっちは無理か。

もう一度言うけど、宝塚記念で武豊が乗るのは、準オープンのスマートギア。
武豊の凋落か・・・
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:41 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)

2009年06月15日

第50回宝塚記念登録馬

第50回宝塚記念登録馬

■ファン投票選出馬
( 1)ウオッカ
( 2)ディープスカイ
( 3)ドリームジャーニー
( 6)スクリーンヒーロー
( 10)アルナスライン
( 12)サクラメガワンダー
( 13)カンパニー
( 15)アドマイヤフジ
( 17)マイネルキッツ
( 20)インティライミ

■その他の出走順(賞金順)
( - )コスモバルク 14315万円
( 34)モンテクリスエス 4425万円
(132)エリモエクスパイア 2425万円
(183)ヒラボクロイヤル 2225万円
(451)エイシンラージヒル 2200万円
(418)スマートギア 2700万円

※( )内の数字は、ファン投票順位


登録16頭か・・・
もっとえげつない馬が出て来てくれればと思うけど、まあ、ウチの狙いの馬はしっかり出走するしいいか。

それにしてもフルゲート割れか。
同じ中距離のカテゴリにある古馬GIでも、秋天に比べて人気ないよなぁ。
春競馬と秋競馬の違いだろうか。わずか1ハロンの違いが大違いなんだろうか。

まあ、このレースの狙い目と言うのははっきりしてるし、その通りの馬が出て来てくれたから、馬券的には楽勝でウハウハのレース(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:26 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2009年05月08日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 京都新聞杯・新潟大賞典

うむ、最近の傾向として、GIの前日のレースは、かなりえげつない荒れ方をすることが多い気がする。

ということは、もうやるべきことは分かっているよね。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 京都新聞杯・新潟大賞典
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:15 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2008年10月20日

秋華賞の結果から見る菊花賞の波乱度

昨日は、秋華賞で3連単192万0100円が1着2着4着馬券になるし、今日は今日とて、阪神が引き分けに持ち込もうとしているのに、9回の土壇場で藤川がウッズにホームランを打たれて負けて、CS敗退が決まったし。

もう、踏んだり蹴ったりでやってらんない(爆)


秋華賞馬券壁紙

ムシャクシャしたから、昨日の1着2着4着馬券をPCの壁紙にしてみた(殴)


これはウチのPC用にサイズ調整した壁紙だけど、汎用の800×600と1024×768のバージョンも作ってみた(爆)
このブログのサイドバーに飾るための画像も作ったし。

2008年秋華賞 3連単192万0100円 1着2着4着馬券 orz

『2008年秋華賞 3連単192万0100円1着2着4着馬券 orz』

壁紙800×600
壁紙1024×768

欲しい人はどうぞ勝手にお持ち帰りください(殴)

(※注 2008/10/21 22:00 一部編集)

まあ、192万馬券が1着2着4着馬券なんて、本当にウチを象徴するようなネタ馬券だな(爆)

しかし、当たり馬券をブログに飾る人は多いけど、外れ馬券、それも192万円の外れ馬券を飾る人はどれだけいるのかな(爆)


さて。

もう済んだことは仕方ない。前を向いて歩こう。
ショックを引き摺ったところで、また来週になると競馬が来てしまうんだから。


ということで、菊花賞。

今年の菊花賞は荒れるのか否か。
過去の秋華賞と菊花賞の関係をまとめてみた。


  ↓


続きを読む
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:11 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (1)

2008年09月07日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 新潟2歳S・小倉2歳S

さて、今週で夏競馬も終わりである。

結局、小倉遠征は今年も出来なかった(爆)
いや、想定外のことがあり過ぎてね。
まあ、金も無かったけど、今年は時間的にいっぱいいっぱいだった。

次のチャンスは来年の1月開催だけど、よく考えたら、小倉開催は1月と7・8月。
どっちも帰省と東京遠征で金がスッカラカンになった前後の開催やんか。
そんなの、いつまで経っても行けるわけが無い(爆)

ということで、今年の競馬場観戦は、京都は行ったから、12月の阪神でも行こうか。

今年の有馬は12/28なので、場合によっては冬コミの1日目をスルーして中山で有馬生観戦も乙なものか(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 新潟2歳S・小倉2歳S
Posted by 藍ノ花 恵師 at 02:24 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (1)

2008年07月04日

よくやったJRA(爆)「3連単全レース発売」

土曜日は重賞ないけど、このブログの週末の競馬枠を使って競馬の話題を。

JRAでは、今まで後半4レース限定だった3連単を、7/19から全場全レースで発売する。

■7/19(土)〜9/7(日)は、「JRAサマーステージ」!〜「3連単」の全レース発売〜

とりあえずは夏競馬の期間限定だが、秋以降も継続の方向で検討しているという。


今まで、ウチは「JRAへの提言」と称して、

・金杯は通常の日曜開催に固定せよ
・3連単発売レースは特別レース+最終レースに固定せよ
・高齢馬限定重賞『枯葉賞』を創設せよ
・500万条件のクラシックトライアルを施行せよ
・ロト馬券を導入せよ
・サマー非根幹距離シリーズを創設せよ
・米BCを超えるGI全12レースのJCシリーズを創設せよ

などという、JRAに様々なイチャモンを付けてきた(爆)

その内、上から2番目の項目「3連単発売レースは特別レース+最終レースに固定せよ」。

これについては、長くなるが、当時書いた記事を引用する。



先週の中山新春JSをKCL残業の杜で予想した時に、つい、いつものように3連単1点予想をしたら、「中山新春JSは第8レースだから、3連単は発売してませんよ」と指摘があって「あ、そうだった」と気付かされた。


現在、JRAでの3連単発売レースは『後半4レース』となっている。

通常のJRAの番組では、一日12レース立てで、内、特別レースが3レース、9・10・11Rで施行される。

この場合は『特別レース=3連単発売レース』で、ここでは特に問題はない。

一方『特別レース≠3連単発売レース』となるケースがある。


 (1)特別レースが4レースを超える場合

一部のGIレース施行日は、特別レースが5レース組まれることがあり、物理的に3連単発売レースから外れる特別レースが存在する。

 (2)障害オープン特別が施行される場合

障害オープン特別は原則として第8Rに組まれ、通常の『3連単発売レースは後半4レース』では、当然、3連単は発売されない。

 (3)出走頭数の関係で特別レースが第8R以前とレース番号を入れ替えられる場合

週初めでは3連単発売レースであった9R以降の特別レースが、出走頭数が少ないという理由で、興行的に8R以前の平場レースと入れ替えられることがままある。この場合、8R以前と入れ替えられれば、当然、3連単発売レースから外れる。


ここで特に重要なのは(3)で、特別レースは、一週前から出走のための登録が行われたり、また、スポーツ紙等でも出走予定馬の最終追い切りが掲載されたりと、ファンは早くから予想検討することが出来る。

しかし、じっくり予想して3連単で勝負しようと思ったのに、直前でレース番号が入れ替えられて3連単発売レースから外れたら、今までの予想が無駄に終わってしまう。


また、最終レースは、その日プラス収支だった人はもっと獲ろうとするし、マイナス収支だった人は負けを獲り返そうとするし、JRAにとっていいカモありがたいファンが多く付くレースであるから、これも3連単発売レースに固定した方がいいだろう。


よって、3連単発売レースは、(『後半4レース』といったような)レース番号固定ではなく、レース番号が入れ替わっても3連単発売対象レースから外れないように


3連単発売レースは特別レース(+最終レース)固定で


これを提言したい。


障害オープン特別や、特別レースが一日4レースある場合は、特別レースを9・10・11・12Rとすれば『3連単発売レースは特別レース(+最終レース)』の原則から外れることがなく問題ない。


特別レースが一日5レースある場合は・・・

一年で何回もあることではないし、例外的に3連単発売レースを増やせないものか。

っていうか、JRAはファンためにそれ位は頭使えや!(爆)




と、このように書いたが、全レースで3連単発売なら一気に問題解決である。

ウチは3連単全レース導入を決めたJRAを評価する。

全く、JRAはやれば出来る子なんだから(爆)


まあ、折角JRAは頑張ってるんだから、褒美代わりにJRA銀行に預金してやるか(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:44 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2008年05月25日

5/24・25、優駿牝馬・東海S予想結果

やっぱり、府中は馬場が渋ると外は伸びない。内をスルスルと抜け出した馬が勝つ。


<今週の反省>

馬場か渋った府中はインを突け。


いや、ウチは騎手じゃないから、そんなこと言われても(爆)



●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 優駿牝馬 結果

◎  5 ムードインディゴ ・・・10着
○ 17 オディール ・・・5着
キルトクール 18 リトルアマポーラ ・・・7着



●馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東海S 結果

◎ 14 ゲイルバニヤン ・・・7着
○  2 メイショウトウコン ・・・10着
△  8 トーセンアーチャー ・・・9着
キルトクール  5 フィフティーワナー ・・・3着 ドンガバチョ!(/´△`\)



●中山姉妹予想 優駿牝馬 結果

◎ ブラックエンプレム ・・・4着
○ レッドアゲート ・・・6着
△ ムードインディゴ ・・・10着
× トールポピー ・・・1着

●府中の精霊姉妹予想 優駿牝馬 結果

◎ リトルアマポーラ ・・・7着
○ アロマキャンドル ・・・11着
△ ブラックエンブレム ・・・4着
× ソーマジック ・・・8着



●藍ノ花 恵師 キルトクール個人成績(5/25終了現在)


・今週のキルトクール結果

■優駿牝馬
1番人気 リトルアマポーラ ・・・7着
■東海ステークス
2番人気 フィフティーワナー ・・・3着 ドンガバチョ!(/´△`\)


・キルトクール通算成績 【89 48 70 213】 420キル207クル

・人気別成績
  1番人気【59 22 32 80】
  2番人気【17 17 22 58】
  3番人気【9 7 8 35】
  4番人気以下【4 2 8 40】

・グレード別成績
  G I・Jpn I【23 11 14 40】
  G II・Jpn II【24 13 22 60】
  G III・Jpn III【42 24 34 113】


・2008年度成績 【6 7 9 32】 54キ22クル

・人気別成績
  1番人気【3 5 7 13】
  2番人気【1 2 1 8】
  3番人気【1 0 0 4】
  4番人気以下【1 0 1 7】

・グレード別成績
  G I・Jpn I【0 3 2 4】
  G II・Jpn II【1 1 5 11】
  G III・Jpn III【5 3 2 17】

・月別成績
  1月【1 1 0 4】
  2月【2 0 0 9】
  3月【2 2 4 9】
  4月【0 2 3 6】
  5月【1 2 2 4】



キルトクール成績の詳細、通算成績、過去の成績は、
”ウインズ秋葉原”【B館】 キルトクール成績をご覧下さい。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:03 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (2)

2008年03月19日

キルトクール成績更新

2週分放ったらかしにしていたキルトクール成績を更新。

●藍ノ花 恵師 2008年度キルトクール個人成績
(3/16終了時点)


2008年度成績【4 3 1 19】 27キル8クル

・人気別成績
  1番人気【2 3 1 8】
  2番人気【1 0 0 5】
  3番人気【0 0 0 3】
  4番人気以下【1 0 0 3】

・グレード別成績
  G I・Jpn I【0 0 0 1】
  G II・Jpn II【0 0 1 5】
  G III・Jpn III【4 3 0 13】

・月別成績
  1月【1 1 0 4】
  2月【2 0 0 9】
  3月【1 2 1 6】


キルトクール成績の詳細、通算成績、過去の成績は、
”ウインズ秋葉原”【B館】 キルトクール成績をご覧下さい。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:39 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2007年12月23日

有馬記念収支

投資額 16200円

   ↓

回収額 0円



orz


絶対に獲らないとヤバいという状況に自分を追い込んで馬券を当てようと目論んで、自分でも驚くくらい有馬に金を突っ込んだのだが、この有様。

いや、マジで突っ込み過ぎたので、本当にヤバい。


さて、どうやって年を越すか。

(1)来年は真面目に働いて稼ぐ

(2)コミケ資金の500円玉貯金を取り崩す

(3)東京大賞典で取り返す
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:02 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)

2007年12月20日

有馬記念の本命はとりあえず決まった

有馬記念の本命はとりあえず決まった。

まあ、発表は土曜日にするとして、ヒントは偶数枠の馬。

っていうか、この時点で、メイショウサムソンとかダイワスカーレットが◎ではないのが分かったけど、元々そんな人気馬を本命にする気ないし(爆)

週初めのスポーツ紙の馬柱を見ると、ウチが推奨しようとしている馬はことこどく印が少ないね。

まあ、そういう馬を狙うのがウチなんだけど(爆)

さすがに、ちょっと心配になりもするが、来ればウハウハなのは間違いなし。

先日に言ったとおり、「絶対に当てないと自分自身に危機が迫る」ように自分を追い込んで、本気で狙う。

いや、マジで外すと年を越せないかもしれないので、真剣そのものよ。

もしかして、傍目には「いつもの頭おかしい予想」に見えるかもしれないが(殴)


決戦まであと3日。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:55 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)

2007年12月02日

阪神JF、3連複1万3320円的中!

阪神JFの予想記事の中で

>まあ、適当にやって、当たれば儲けモノ。

とか言ったが・・・


阪神JF3連複1万3320円的中!

3連複 1万3320円 的中!


うはは、適当にやって当たっちゃった(殴)

万馬券的中は、多分、2005年のフェブラリーS以来(爆)

そして、自身初の年間GI的中3つ目(爆)


とりあえず報告まで。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:43 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2007年10月21日

とりあえず、菊花賞は馬連が引っかかって的中

菊花賞、馬連2930円的中

菊花賞 馬連10−12 2930円 的中!

この秋最大の勝負レースとして臨んだ菊花賞。

とりあえず、押さえとして買った馬連が的中して、馬券外して3連単ならぬ練炭を買ってくる最悪の事態は回避された(爆)

しかし、的中とは言え、2930円。

このレース、1レースあたり史上最多の8500円も投資してるから、結局5570円の赤字。

普段のGIは、たいてい4000円くらいの投資だから、何だかんだ言っても、いつもより傷口は広いんだけど(爆)

まあ、払い戻し機に並べただけでも良しとするか。

とりあえず的中報告までなので、詳細は明日に。


しかし・・・


勝てば官軍。的中じゃ、文句あるか!(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:24 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (0)

2007年08月23日

8/25・26の中央競馬は予定通り開催しやがるですぅ(爆)

昨日、JRAから発表された通り、8/25・26の中央競馬は予定通り開催しやがるですぅ(爆)

■【重要】馬インフルエンザに関するお知らせ(JRAホームページ)

未だに陽性馬がいるものの、幸いにも甚大な感染の流行は見られず、競馬施行において特に問題がないと判断されたため、競馬が行われることになりました。

まあ、そんなことを言いつつも、個人的には2週くらいは開催休んでもよかったと思うんだけど。

っていうか、競馬がなければ予想しなくていいし、馬券が外れることもないしね(爆)

競馬やってるんだったら、馬券買わないといけないじゃない?(殴)


まあでも、大事に至らなくて良かったとは思ってる。

でも、JRAに対しては競馬を施行すると決めた以上は万全の体制でやってもらいたいし、あちらが万全でやってくるなら、ファンとしても万全の体制で予想することは当然。

しかも穴党としては、JRAが開催に踏み切ったことを後悔させるように、穴馬券をしっかり獲るつもりで臨まなければならない。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:53 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (1)

2007年04月19日

4/14・15、皐月賞・中山GJ・マイラーズC予想結果

えー、諸事情によって遅れましたが、レース予想結果と今回の反省と言うか今後に役立つメモとか。


・やっぱり、武豊は買うと馬群に沈む。

・平成9年、平成14年、平成19年と、見事なばかりの皐月賞5年おきの大波乱。次回は平成24年。

・フサイチホウオーについて、”1枠1番2番人気で皐月賞3着”で父ジャングルポケットと同じと見るか、”4戦無敗で皐月賞3着”で同馬主のフサイチジャンクと同じと見るかによって、ダービーでの取捨が大きく変わる。

・今更何言ってやがるですぅと言われるかもしれないが、1週前の時点では、今回もしかして田中勝春が何かやらかすと思って、ヴィクトリーを◎にしようと思っていた時期があった。最初の閃きは大事にすべきやね。



萌える”ツンデレ”3連タン競馬予想 皐月賞 結果

◎ フェラーリピサ ・・・16着
○ ローレルゲレイロ ・・・6着
▲ アドマイヤオーラ ・・・4着
△ フライングアップル ・・・12着
× ナムラマース ・・・11着
キルトクール フサイチホウオー ・・・3着 ドンガバチョ! (/´△`\)



萌える”ツンデレ”3連タン競馬予想 中山GJ 結果

◎ リワードプレザン ・・・2着
○ スリーオペレーター ・・・4着
△ アグネスハット ・・・競走中止
キルトクール カラジ ・・・1着 ドンガバチョ! (/´△`\)



萌える”ツンデレ”3連タン競馬予想 マイラーズC 結果

◎ エアシェイディ ・・・11着
○ エイシンドーバー ・・・7着
△ アドマイヤキッス ・・・4着
キルトクール スイープトウショウ ・・・2着 ドンガバチョ! (/´△`\)



●今週のキルトクール結果

■皐月賞
2番人気 フサイチホウオー 3着 ドンガバチョ! (/´△`\)
■中山グランドジャンプ
1番人気 カラジ 1着 ドンガバチョ! (/´△`\)
■読売マイラーズカップ
2番人気 スイープトウショウ 2着 ドンガバチョ! (/´△`\)



●藍ノ花 恵師 2007年度キルトクール個人成績
(2007/04/15 終了時点)


・キルトクール通算成績【68 36 50 143】 297キル154クル

 人気別成績
  1番人気【47 14 19 50】
  2番人気【14 13 19 41】
  3番人気以下【7 9 12 52】


・2007年度成績【8 7 9 20】 44キル24クル

 人気別成績
  1番人気【6 2 1 8】
  2番人気【1 4 6 8】
  3番人気以下【1 1 2 4】
 月別成績
  1月【2 1 3 5】
  2月【1 4 2 4】
  3月【3 1 2 8】
  4月【2 1 2 3】
 GI成績
  春【1 1 1 1】
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:45 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2006年11月17日

【簡易版(暫定版)】萌える3連タン『もえ☆さん』東スポ杯2歳S予想

明日から、オフ会という名の出張のため、関東に長距離輸送となります(爆)

そのため、今回は簡易版で。

ただ、明日の昼間は東京競馬場に行くので、ここに書いた買い目と全く違う馬券を買うかも(殴)


  ↓


萌える3連タン『もえ☆さん』東スポ杯2歳S予想
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:57 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2006年05月31日

新マリみて馬

ギガンティア(牝2歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)

2004/01/26生まれ

父・Fusaichi Pegasus
母・ベストブート
母父・Storm Boot

伯母・ゴールドティアラ


生産:上水牧場
馬主:金子真人ホールディングス


ということで、白薔薇さまですよ、お姉さま(誰)

しかも、あのディープインパクトの金子真人氏の所有馬。


しかし、何がすごいってこの馬の血統。

ミスプロ系のフサイチペガサスにストームキャット系のストームブート、コテコテのアメリカ血統。

さらに、インブリードが凄い。

・Mr. Prospector 31.25% 2x4
・Danzig 18.75% 3x4
・Northern Dancer 12.50% 4x5x5
・Native Dancer 9.38% 4x5
・Secretariat 6.25% 5x5

ミスプロの2x4って・・・


今年デビューですが、どれだけ走るでしょうか。

これで、この馬に佐藤聖也騎手が乗れば完璧なんだけど、まあ無理でしょうね。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:36 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2006年05月10日

ディープインパクト、宝塚記念から凱旋門賞へ

■ディープインパクト、宝塚記念から凱旋門賞へ!『ラジオNIKKEI競馬実況HP』

だってね。


まあ、凱旋門賞に行くのはいいですけど、なぜに宝塚記念なのか。

だいたい、宝塚記念なんて、天皇賞や有馬記念に比べると、同じ古馬中長距離GIでも悪いけど格が劣ると思うし、春天で国内最強の称号を得た今、ここを勝ったからといって特にディープの今後の価値が上がるとも思えないし。

まさか、宝塚記念をただの叩きレースとしか見ていないのだろうか。

まあ、国内のレースなら、多分勝てると思うよ。JRAを含め、いろんな思惑とかあるから(何)・・・ぶっちゃけ、タダで勝たしてくれるとか(爆)

でも、宝塚を叩いても、向こうでまたステップレースを使うみたいだし(『フォア賞』 9/10 仏GII 芝2400m が有力)

だったら、なおさら宝塚を使う意味はないでしょう。

宝塚記念みたいなGI未勝利馬救済レースなんか、それこそGI勝ちたい馬はいくらでもいるから、そいつらにくれてやってもいいのに。リンカーンとか・・・


まあ、おかげで、ウチがGIレース予想でやっているネタが、これで宝塚記念分は出来たけど(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:42 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2006年03月28日

【ポロリはないけど】中京競馬場高松宮記念観戦記【ネタはある】

「中京競馬場に高松宮記念を観に行こう」そう思い立ったのが、2004年のこと(爆)

さまざまな理由により実現できなかったが、今年、ようやく観に行くことができた。

そんなわけで、3/26に日帰り名古屋ネタ旅行に出発。

今日は、その内、中京競馬場観戦に関するレポをお送りします。


(写真等多用につき、追記形式でお送りします。)


  ↓


中京競馬場高松宮記念観戦記
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:12 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (4) ] [ TrackBack (0)

2006年02月20日

2005−2006シーズン POG指名馬&POGキルトクール馬 途中経過

日曜日はフェブラリーステークスに注目でしたが、同じ日の東京9レース・ヒヤシンスステークスで、フラムドパシオンが単勝1.1倍の人気に応えて快勝。いよいよ、UAEダービーに向かいます。

このフラムドパシオンは、ウチがPOGを始めて、初めてまともに走った馬じゃないだろうか。

ということで、今シーズンのウチのPOGの途中経過を見てみましょう。

今年のPOG指名馬は5頭。そして、個人的に、最後まで候補に残しながら他の馬を指名したために切った馬をPOGキルトクール馬として数頭。


<2005−2006 シーズン>
(成績は2/19現在)

POG指名馬
■ウイングビート
(牡・安田隆行厩舎)
父・エルコンドルパサー
母・エルフィンフェザー
母父・サンデーサイレンス
POG期間成績
【1 1 0 1】

POG指名馬
■フォンティーン
(牝・山内研二厩舎)
父・エンドスウィープ
母・サドラーズメイド
母父・Sadler's Wells
POG期間成績
【0 0 0 0】

POG指名馬
■フラムドパシオン
(牡・角居勝彦厩舎)
父・クロフネ
母・カーリーパッション
母父・トニービン
POG期間成績
【3 0 1 1】
・ヒヤシンスS(OP)

POG指名馬
■サクラキセキ
(牝・伊藤圭三厩舎)
父・フジキセキ
母・サクラキャンドル
母父・サクラユタカオー
POG期間成績
【0 0 0 0】

POG指名馬
■エイシンチャンドラ
(牡・北橋修二厩舎)
父・Dixie Union
母・Dream Away
母父・St. Jovite
POG期間成績
【1 1 1 3】

POGキルトクール馬
■グレースアドマイヤ03
(牡・音無秀孝厩舎)
父・サンデーサイレンス
母・グレースアドマイヤ
母父・トニービン
POG期間成績
【0 0 0 0】

POGキルトクール馬
■フサイチリシャール
(牡・松田国英厩舎)
父・クロフネ
母・フサイチエアデール
母父・サンデーサイレンス
POG期間成績
【4 1 0 1】
・朝日杯FS(GI)
・東スポ杯2歳S(GIII)
・萩S(OP)
・共同通信杯(GIII)2着

POGキルトクール馬
■グッドバニラ
(牝・角居勝彦厩舎)
父・エンドスウィープ
母・アーネストデザイア
母父・サンデーサイレンス
POG期間成績
【0 1 1 6】

POGキルトクール馬
■テオティワカン
(牡・角居勝彦厩舎)
父・エルコンドルパサー
母・サンデーピクニック
母父・サンデーサイレンス
POG期間成績
【0 0 0 0】


OP馬は1頭だし、2頭はまだデビューしてないし、(/´△`\)な馬が1頭いるし、相変わらずPOGは弱いなぁと思うわけです。

ただ、フラムドパシオンがまともに走ってるのは一安心。

去年はOP勝ちが1頭もいなかったし、一昨年のPOGキルトクール馬は(/´△`\)のオンパレードだったし。


参考資料として、ウチの去年と一昨年のPOG成績をPOG指名馬、POGキルトクール馬を合わせて公開。

まあ、笑ってやって下さいな。

続きを読む
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:44 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2006年01月25日

藍ノ花 恵師的2005年度KCL賞年度代表キルトクール馬

ということで、しげる課長が、KCL社員の2005年度の印象に残ったキルトクールを晒す(爆)後世に語り継ごうと『キルトクール記憶の杜』というのを立ち上げられました。

いわば、キルトクールの殿堂と言うべきでしょうか。

で、「皆さんの2005年度の年度代表キルトクール馬を発表して下さい」とのことなので、ウチもやってみましょう、と。

しかし、単純に「2005年度の年度代表キルトクール馬はこの馬です」とやっても面白くないので、ここはJRA賞のように各部門賞を決めて、それから年度代表キルトクール馬を決定していきましょう。


藍ノ花 恵師的2005年度KCL賞各部門賞

■最優秀2歳牡(/´△`\)馬

ディープエアー

本命キルトクーラーとしては異例の、札幌2歳Sで6番人気のこの馬をキルトクールして2着ドンガバチョに。

■最優秀2歳牝(/´△`\)馬

アルーリングボイス

母同様、超早熟と決め付けたものの、小倉2歳S、ファンタジーSで1着ドンガバチョ。しかし、阪神JFでも果敢にキルトクールして14着とリベンジを果たした。

■最優秀3歳牡(/´△`\)馬

ディープインパクト

なんといっても、3冠を含む5レースでキルトクールして【5 0 0 0】と、完膚なきまでに叩きのめされた馬。しかし、唯一ウチが○に推した有馬記念では2着に敗れるという、ある意味最後までインパクトのある馬だった。

■最優秀3歳牝(/´△`\)馬

エアメサイア

母同様、牝馬3冠路線では善戦止まりと見て、切りも切ったり最多の年間6キル【3 1 0 2】を達成した馬。

■最優秀4歳以上牡(/´△`\)馬

ゼンノロブロイ

4キル【0 1 2 1】。前年よりは活躍しないと一貫して切り続けるも、2・3着ドンガバチョが続いて、引退レースの有馬記念で見事8着に沈める。が、JCでの僅か数センチの差で3着に入って、ウチの13万馬券を1・2・4着馬券にされた。

■最優秀4歳以上牝(/´△`\)馬

アドマイヤグルーヴ

キルトクール自体は【1 0 0 1】だったものの、阪神牝馬Sでの1着ドンガバチョだけで受賞。

■最優秀父内国産(/´△`\)馬

該当なし

■最優秀短距離(/´△`\)馬

アイルラヴァゲイン

これも、NHKマイルCで3着に入って、ウチの馬券が1・2・4着馬券になった。

■最優秀ダート(/´△`\)馬

サカラート

馬自身は夏以降ブレイクするも、本格化をまだ先と見て春に2キル0クルと見事に切った。

■最優秀障害(/´△`\)馬

該当なし


さて、いよいよ年度代表キルトクール馬の発表です。


  ↓

藍ノ花 恵師的2005年度KCL賞年度代表キルトクール馬は?
Posted by 藍ノ花 恵師 at 22:50 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (2) ] [ TrackBack (2)

2005年12月28日

ディープインパクトの全弟オンファイアが屈腱炎

■ディープの全弟オンファイア、屈腱炎で春絶望『SANSPO.COM』


ああ、やっぱりね・・・

以前、どこかで見かけたことだけど、この血統は脚元があんまり丈夫でないらしい。

だけど、ディープが故障もせずにあの空を飛ぶような走りが出来るのは、牡馬にしては小柄な440キロ台の馬体重が絶妙な効果をあげていると。

だったら、オンファイアの500キロを超す巨体は絶対脚元に来るんじゃないかと思ったけど、やっぱりね。

ウチの11月の東スポ杯の予想のキルトクール馬にオンファイアを指名した時も

キルトクール オンファイア
兄・ディープインパクトの強さは、450キロを切る位の絶妙な馬体重にある。
その点、この馬は大き過ぎ。脚元をやられるのがオチ。


と書いたら、その通りになっちゃった。


これで、来年のクラシックの有力候補が一頭消えた。

さあ、混戦だ!荒れるぞ!!

・・・結局、お前はそこかい(爆)


しかし、競走馬の宿命とは言え、一度屈腱炎を発症すると、どんな名馬でも一発で競走生活を棒に振らすね・・・残酷っていえば残酷だけど・・・
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 競馬
Comment (0) ] [ TrackBack (0)