2012年06月02日

ダービー不的中記念、腹いせ散財

ということで、今年もダービー外したので、その腹いせで散財。
とは言うけど、実際は、ダービー発走前に買ってるから、その時点で外すのは確定(爆)


散財@サーバー用パーツ


・Intel Xeon E3 1260L バルク(JPY 27k)
・サイズ 羅刹 リビジョンB(JPY 4k)
・Intel S1200KP(JPY 14k)
・センチュリーマイクロ CK4GX2-D3UE1333(JPY 8k)
・アイネックス HDD-SEL5A(JPY 4k)

この他、SATAケーブルとか電源ケーブルとかケースファンとかの小物も買ってるので、総散財額は約6ユキチ(爆)


・Intel Xeon E3 1260L バルク(JPY 27k)
インテルのサーバー向けCPU。
まあ、Xeonの中でもUP対応で最下層のエントリー向けだから、聖闘士星矢で言うと青銅聖闘士のようなもの(爆)
それでも、デスクトップ向けのCore i7相当で、4コア8スレッド。
さらに、この1260Lは超省電力版のTDP45W。
一応、小型サーバーの真紅機に使うつもりなんだけど、ウチの所有PCの中では一番高性能なCPUになっちゃった(爆)
今まで使ってた真紅機のCPUはAtom D525だから、相撲で言うと幕下から大関に昇進したようなもの(爆)
すでに、Ivy BridgeベースのE3 1200v2シリーズが出てるにもかかわらず、あえて、Sandy Bridgeベースを買ったのは、M/Bの対応とか、例のグリス云々とか。

・サイズ 羅刹 リビジョンB(JPY 4k)
小型サーバーのくせに、こんな大層なCPUクーラーにしたのは、クーラーのファンレス化を目論んだから。
TDP45WのCPUを選んだのもその理由から。
だけど、CPUはファンレスでも何とかなりそうだけど、チップセットがちょっとヤバめ。
かといって、ファンを付けると、電源と干渉する。
うむ、電源をACアダプター化しようかな(爆)

・Intel S1200KP(JPY 14k)
こちらも、インテル純正のサーバー向けマザーボード。
廉価でMini-ITXでXeon E3対応のサーバー向けM/Bはこれしかないので、迷うことなく確定。
まあ、このM/BがE3 1200v2シリーズに未対応だから、SandyベースのCPUを買ったんだけど。
バックパネルがUSB2.0×4、デュアルLAN、DVI-Iというシンプルなもので、オーディオはオンボードでは非搭載。
まあ、サーバー用途だから、このシンプルさが気に入ったのね。

・センチュリーマイクロ CK4GX2-D3UE1333(JPY 8k)
DDR3-1333で4GB×2枚組、そして、ECC付きのサーバー向けメモリー。
CPUもM/BもECCに対応してるんだから、ECC付きのメモリーを使わないと、何のためのサーバー仕様なのか。
そして、憧れのセンチュリーマイクロ製。
まあ、チップがエルピーダじゃないのは止むを得ない。

・アイネックス HDD-SEL5A(JPY 4k)
ケースの都合上、5インチベイが不細工に余るので、その穴埋めにHDD切り替え機を取り付ける。
ファイルサーバーとして使う時はHDDフル稼働にして、その他の目的のサーバーとして使う時は節電のため倉庫用HDDを切る、といった使い方をするつもり。


これらで一通り組んでみたけど、さっきも言った通り、CPUクーラーファンレスでケースファンのみの運用だと、CPUは許容範囲だけどチップセットが温度ヤバめ。
しかし、クーラーにファンを付けると、元々からSFX電源だけどそれでも干渉してしまう。
ということで、次回、ACアダプターに換装予定。
さらに、システム用に2.5インチHDD×2台、倉庫用に3.5インチHDD×2台だと、消費電力が想定以上なので、総2.5インチ化しようかな。

まあ、それまでは、とりあえず押し入れに監禁。

また余計な散財をしてしまうな(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 21:51 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 散財日記
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2010年11月04日

サンマの次は鯖の散財日記

と言うことで、先週はサンマの散財をしたけど、今週は鯖の散財。

Seasonic S6・SFX電源→ATX電源変換ブラケット

Seasonic S6 350W
SFX電源→ATX電源 変換ブラケット


水銀燈機ことサーバ機の電源を換装するための散財。
シーソニックでは、80Puls Gold認証でフルモジュラーケーブル採用のXシリーズというのがある。
そのラインナップで、400Wでファンレス仕様の電源があるんだけど。
7月から待ってたけど、どうやら、日本の代理店であるオウルテックからは発売されそうにも無い。
ファンレス電源なら静音鯖機が組めると思ってワクテカしてたのに。
で、代用として、同じシーソニック製で低出力電源のS6を買って来た。
ただ、これはATX電源より一回り小さいSFX電源なので、変換ブラケットも同時購入。
よく考えたら、奥行き160mmのATX電源でフルモジュラーケーブルなら、ウチの使ってるケースだと干渉を起こす恐れがある。
実際、今使ってる電源ではギリギリ一杯一杯なの。
でも、SFX電源だと奥行き130mmしかないから、余裕で入った。
ファンも三洋製の60mmで割と静かだから、サーバ機には最適。
それに、ストレート排気で熱も篭もりにくいし。
ずっとファンレス電源にこだわってたけど、結果的にこっちの方が良かったみたい。
さて、これで、また電源が一つ余ってきたわけだが(爆)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:46 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 散財日記
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2010年10月28日

秋の味覚の散財日記

と言うことで、先週はサボった散財日記(爆)

読書の秋とか食欲の秋とか言われるけど、ウチとしては散財の秋と行きたいところ(殴)
まあ、ウチの場合は年がら年中散財してるけどね(爆)

それでは、今週は秋の味覚にちなんだ散財を。


SanMax DDR3-1333 2GBx2(ELPIDAチップ搭載)

SanMax DDR3-1333 2GB×2 (ELPIDAチップ搭載)


秋の味覚と言えばサンマ。
と言うことで、サンマのメモリ(爆)
水銀燈機と真紅機にはエルピーダ純正のメモリを積んでるけど、DDR3-1333の純正は見ないから、エルピーダチップを搭載したメモリと言うことでサンマのメモリ。
最近はメモリの値段が続落中で、安いのだと五千円台であるけど、このサンマは8990円。
しかも、写真にはないけど、翠星石機用と蒼星石機用で2セット買った(爆)
まあ、今まで使ってたメモリは、2セットともさっさと売ればサンマのメモリ1セット分近くにはなるから、そんなにえげつない散財でもないと思う。
あるいは、1セットだけ残しておいて、次のマシンを組む時に流用しようか(爆)
こんな感じで、次のマシンのメモリを新調するのなら、一番よく使うメイン機とサブ機のメモリをグレードアップして、その流用を次のマシンに組み込むとか、その辺の兼ね合いもあるから、単にメモリを換装するためだけに買ってきたわけじゃないからね。
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:46 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 散財日記
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2010年10月14日

持ち運び可能ディスプレイの散財日記

そう言えば、ラノベは3週間買ってないな。
予定のものが6冊くらいあるんだけど、どうせ積みになるからね。

と言うことで、今週はPCディスプレイの散財。


TGIC 120R
TGIC 120R

TGIC 120R


韓国TGIC社の12.1インチの液晶ディスプレイ。
箱には英語とハングルしか書いてない。

解像度1280×800で、D-subの1系統入力。
さらに、前面に90度倒れるので、持ち運びには便利。
これで、9750円は安い。

ただ、値段が値段だけに、作りは非常に安っぽい(爆)
筐体は本当にペラペラで安っぽいし、液晶を含む全面光沢なのでほこりが目立つ。
それに、D-subケーブルは直付けだし、おもちゃと言ってもいいくらいのチープさ。

だから、まともな堅牢な作りのディスプレイが欲しい場合はこれは選択外になるけど、安っぽくてもいいから持ち運び出来るものが欲しい場合は良いかも。
何度も言うけど、冗談抜きに安っぽい。
ただ、値段が値段だからと割り切って使うならばお買い得とも言える。
この値段で、このサイズで、かつ、持ち運びに便利なディスプレイはそんなにないからね。

正直言って、韓国メーカーだから信頼性はどうかと思ったけど、割り切って使うならコリア良いわい(殴)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:52 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 散財日記
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2010年10月07日

賞金が吹っ飛んだ散財日記

社内コンクール入賞で貰った賞金3万円が、あっという間にPCに化けた(殴)

今回はそんな散財日記。

写真多用のため、追記形式で。


  ↓


続きを読む
Posted by 藍ノ花 恵師 at 23:59 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Category 散財日記
Comment (0) ] [ TrackBack (0)