2015年08月02日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! アイビスSD・クイーンS

ここには夢がちゃんとある(※希望はありません)

ということで、真夏の新潟・小倉・札幌開催開幕。

そういえば、先週なんか言い忘れてたと思ったら。

これ、サマーGI谷間週シリーズ5週目。

とりあえず、最近、ウチの推奨の人気薄馬がちょくちょく馬券に絡んできているので、この流れは大切にしたい。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! アイビスSD・クイーンS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 11:58 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年07月26日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 中京記念・函館2歳S

最近の数クールは、そこまで気力が無かったのと、それを覆すくらいの作品が無かったから、リアルタイムでのアニメ視聴はしてなかったんだけど。

今期、久しぶりのリアルタイム視聴したのが、『がっこうぐらし!』

一応、ウチは、原作は未読組で、アニメ1話放映後の話題から入った組なんだけど。

「学園生活部」という学校に寝泊りしてさまざまな体験をする 日 常 系 部 活 モ ノ 。

まったりばかりじゃなく、色んなことも起きるけど、青春を 必 死 で生きる女の子たちの物語。

伏線とか山ほど散りばめてあるから、何度も観直すほどに深く考えさせられる、日 常 系 のクセに。

そんな新感覚日常系アニメ → 脚本プロデュース「ニトロプラス」


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 中京記念・函館2歳S
Posted by 藍ノ花 恵師 at 14:24 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年07月19日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 函館記念

まだ2ヵ月半あるのに、そろそろ飽きてきたネタの、サマーGI谷間週シリーズ3週目。

今週も、荒れることで有名な函館記念。

来年は北海道新幹線が函館まで開業するから、これに乗って函館競馬場に行くというのも良いなと思う。

函館開催最終週に函館入りして函館競馬場観戦。

次の日から一週間は、青春18きっぷで北海道の鉄道乗り潰し。

週末には、札幌競馬場開幕週を観戦。

これで、北海道の鉄道は乗れるし、競馬場全10場完全制覇は達成されるし。

JRとJRAが両方楽しめる夢のような北海道旅行。

またひとつ追加された、「馬券を当てて北海道旅行を楽しもう」。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 函館記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:51 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年07月12日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 七夕賞・プロキオンS

さて、サマーGI谷間週シリーズの2週目。

先週は、2レースともハンデ戦ということで、斤量手動設定の人間の手が突っ込まれるから荒れるとか言ったけど。

通常は、ハンデ戦にしか設定されない0.5キロ斤量だけど、2レースともメンバー唯一のその0.5キロ馬が勝利。

やはり、人間の手がレースに影響を与えるという読みが嵌った。

まあ、読みは当たっても、馬券は外れたけど(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 七夕賞・プロキオンS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:23 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年07月05日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ラジオNIKKEI賞・CBC賞

GIの谷間週は荒れるとよく言われる。

あれ、もしかして、今は宝塚記念とスプリンターズSの谷間週じゃね?(爆)

今週から13週、怒涛の高配当ラッシュ。

そんなわけで、「サマーGI谷間週シリーズ」。

初戦は、2レースともハンデ戦。

ハンデ戦は荒れやすいとされているが。

ハンデ戦の斤量はルールに基づいて設定されるから、決して不正でも八百長でもないのだが。

しかし、人間の意思が介入するため、場を荒らす要因となる。

たとえば、金魚のいる水槽に人間が手を突っ込むとする。

すると、たとえ、人間の手が金魚に一切触れていなくても、いきなり現れた人間の手に金魚たちは驚き慌てふためく。

ハンデ戦もこれと同じで、たとえ、全馬の斤量差が大きくなくても、斤量設定に人間の手が突っ込まれたレースに、馬たちは何も感じないわけはない。

斤量自動設定の定量戦別定戦ではなく、斤量手動設定のハンデ戦。

「神の手」ではなく「人間の手」が勝敗を左右するハンデ戦。

ハンデ戦攻略のカギは人間の手の介入の影響を見極めること。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ラジオNIKKEI賞・CBC賞
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月28日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念

さて、上半期の総決算、宝塚記念。

ここ2年は海賊船に乗っ取られているが、本質的には、宝塚記念はGI未勝利馬救済レース。

GI善戦続きでここで悲願達成とか、遅咲きの苦労人が大輪開花とか。

うむ、すっかり忘れてたね、「宝塚記念はGI未勝利馬救済レース」。

忘れた頃にやって来るとかいうアレで。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月21日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ユニコーンS・函館SS

今日もちょっと時間がありませんので、さらっと流します。

その代わり、宝塚記念では力を解放します(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ユニコーンS・函館SS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 14:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月14日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! エプソムC・マーメイドS

昨日から、ちょっと泊りがけの用事で、さっき帰って来ました。

この一週間は、この用事の準備に時間を割いていたので、今週のレースの出走メンバーなんかさっき知ったところ。

だから、いつもなら一週間かけて情報を集めて予想するけど、今週は、パッと出馬表を見て即決で予想をしないといけない。

ある意味、ウチの直感が問われるわけで。

この即決の直感による予想が吉と出るか凶と出るか。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! エプソムC・マーメイドS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月07日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 安田記念

Y!Kinen

年に一度の安田伊左衛門と遊ぶ日。

不謹慎とか言われるかもしれないが、毎年、伊左衛門おじいちゃんと遊ぶとご褒美をくれる。

近5年でも、5万、4万、37万馬券。

まあ、時間も無いし、あんまりはしゃぐとかえって当たらないので、さらっと行こう。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 安田記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:02 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月31日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿

年に一度の競馬の祭典、ダービー。

個人的には、安田記念と宝塚記念の方が馬券的に相性がいいので、ウハウハな思いをするのはそっちに任せる。

なので、ダービーは、人気馬とか人気薄とか堅いとか荒れるとかそういうのは一切度外視して、純粋に競馬を、そして予想を楽しもうと思う。

さすがに3歳最高峰のダービーともなれば、重賞勝ちが必須条件。

ということで、ここで11頭に絞られる。

さらに、皐月賞トライアル以降の重賞勝ちは割り引き。

何とかクラシックに間に合った馬よりも、余裕のあるローテの馬の方が消耗度は少ない。

これで、6頭にまで絞れた。

あとは、新しい重賞勝ち馬は割り引き。

たとえば、弥生賞のように、伝統のある重賞勝ち馬が馬券圏内の反面、新設重賞組はことごとく馬券圏外に沈んだ。

レベルの高い馬が集まりやすいレースで揉まれて勝った馬の方が信頼できる。

これで、京都2歳S組のベルラップが脱落、残り5頭。

最後に、重賞勝ち以降、重賞で3着以内に入っていない馬は割り引き。

いくら重賞勝ち馬でも、高いレベルを維持できずにその後惨敗続きではもう終わったと思われても仕方ない。

これで、グァンチャーレが脱落して、残り4頭。

あとは、この4頭の中から◎○2頭選ぶだけ。

そして、選んだら、レースを楽しみに待つだけ。

ダービーは、純粋に楽しもう。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:12 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)