2015年07月05日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ラジオNIKKEI賞・CBC賞

GIの谷間週は荒れるとよく言われる。

あれ、もしかして、今は宝塚記念とスプリンターズSの谷間週じゃね?(爆)

今週から13週、怒涛の高配当ラッシュ。

そんなわけで、「サマーGI谷間週シリーズ」。

初戦は、2レースともハンデ戦。

ハンデ戦は荒れやすいとされているが。

ハンデ戦の斤量はルールに基づいて設定されるから、決して不正でも八百長でもないのだが。

しかし、人間の意思が介入するため、場を荒らす要因となる。

たとえば、金魚のいる水槽に人間が手を突っ込むとする。

すると、たとえ、人間の手が金魚に一切触れていなくても、いきなり現れた人間の手に金魚たちは驚き慌てふためく。

ハンデ戦もこれと同じで、たとえ、全馬の斤量差が大きくなくても、斤量設定に人間の手が突っ込まれたレースに、馬たちは何も感じないわけはない。

斤量自動設定の定量戦別定戦ではなく、斤量手動設定のハンデ戦。

「神の手」ではなく「人間の手」が勝敗を左右するハンデ戦。

ハンデ戦攻略のカギは人間の手の介入の影響を見極めること。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ラジオNIKKEI賞・CBC賞
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月28日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念

さて、上半期の総決算、宝塚記念。

ここ2年は海賊船に乗っ取られているが、本質的には、宝塚記念はGI未勝利馬救済レース。

GI善戦続きでここで悲願達成とか、遅咲きの苦労人が大輪開花とか。

うむ、すっかり忘れてたね、「宝塚記念はGI未勝利馬救済レース」。

忘れた頃にやって来るとかいうアレで。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 宝塚記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月21日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ユニコーンS・函館SS

今日もちょっと時間がありませんので、さらっと流します。

その代わり、宝塚記念では力を解放します(爆)


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ユニコーンS・函館SS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 14:09 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月14日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! エプソムC・マーメイドS

昨日から、ちょっと泊りがけの用事で、さっき帰って来ました。

この一週間は、この用事の準備に時間を割いていたので、今週のレースの出走メンバーなんかさっき知ったところ。

だから、いつもなら一週間かけて情報を集めて予想するけど、今週は、パッと出馬表を見て即決で予想をしないといけない。

ある意味、ウチの直感が問われるわけで。

この即決の直感による予想が吉と出るか凶と出るか。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! エプソムC・マーメイドS
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:18 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年06月07日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 安田記念

Y!Kinen

年に一度の安田伊左衛門と遊ぶ日。

不謹慎とか言われるかもしれないが、毎年、伊左衛門おじいちゃんと遊ぶとご褒美をくれる。

近5年でも、5万、4万、37万馬券。

まあ、時間も無いし、あんまりはしゃぐとかえって当たらないので、さらっと行こう。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 安田記念
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:02 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月31日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿

年に一度の競馬の祭典、ダービー。

個人的には、安田記念と宝塚記念の方が馬券的に相性がいいので、ウハウハな思いをするのはそっちに任せる。

なので、ダービーは、人気馬とか人気薄とか堅いとか荒れるとかそういうのは一切度外視して、純粋に競馬を、そして予想を楽しもうと思う。

さすがに3歳最高峰のダービーともなれば、重賞勝ちが必須条件。

ということで、ここで11頭に絞られる。

さらに、皐月賞トライアル以降の重賞勝ちは割り引き。

何とかクラシックに間に合った馬よりも、余裕のあるローテの馬の方が消耗度は少ない。

これで、6頭にまで絞れた。

あとは、新しい重賞勝ち馬は割り引き。

たとえば、弥生賞のように、伝統のある重賞勝ち馬が馬券圏内の反面、新設重賞組はことごとく馬券圏外に沈んだ。

レベルの高い馬が集まりやすいレースで揉まれて勝った馬の方が信頼できる。

これで、京都2歳S組のベルラップが脱落、残り5頭。

最後に、重賞勝ち以降、重賞で3着以内に入っていない馬は割り引き。

いくら重賞勝ち馬でも、高いレベルを維持できずにその後惨敗続きではもう終わったと思われても仕方ない。

これで、グァンチャーレが脱落して、残り4頭。

あとは、この4頭の中から◎○2頭選ぶだけ。

そして、選んだら、レースを楽しみに待つだけ。

ダービーは、純粋に楽しもう。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 東京優駿
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:12 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月24日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 優駿牝馬

まあ、先週のヴィクトリアマイルの2070万馬券は割と冷静に見られた。

というのも、「こんなん買えるかっ!」って馬券だったからね。

ミナレットはちょっと買おうかなと迷ったこともあったけど、あとが全くの視界外だった。

どんなにえげつない馬券が出ても、自分の予想とは無縁だと本当に他人事に見える。

その点、2007年のHNKマイルカップの973万馬券の、ムラマサノヨートーを切ったのは悔やんでも悔やみきれなかったし。

2008年の秋華賞の1098万馬券は、プロヴィナージュを切った上に、自分の馬券がハナ差で三連単1着2着4着になったのは発狂したし。

ということで、先週のことは引き摺ってないので、いつも通りの気分でオークスに臨む。

今年のオークスは、「桜花賞の巻き返し組」。

たぶん、レッツゴードンキは、あの展開利が無くても桜花賞はいい勝負してたと思う。

ただ、あの展開のせいで馬群に沈んだ馬。普通の展開だったら来てたであろうはずの馬。

これらの馬が狙い目。

しかも、桜花賞で惨敗したというだけで、今回人気を落としている馬。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 優駿牝馬
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:33 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月17日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ヴィクトリアマイル

さて、府中GI5連戦の2週目。

「さあ、今週もえげつない馬券で大勝負じゃあ!」というテンションがちょっとしんどくなった(爆)

っていうか、どれだけハイテンションで勝負しても、獲れない時は獲れない(殴)

やはり、これを、常に自分に言い聞かせておかないと「まずは、競馬を楽しめ」

そんなわけで、今日はあっさりといきます。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! ヴィクトリアマイル
Posted by 藍ノ花 恵師 at 12:40 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月10日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC

さて、今年もやって来た、波乱の祭典NHKマイルC。

近10年で、100万馬券が3回、3着以内30頭中2ケタ人気馬が10頭。

ウチ自身も、2009年に10番人気○ジョーカプチーノと13番人気◎グランプリエンゼルで三連複31万馬券的中という美味しい思い。

その反面、2007年に17番人気▲ピンクカメオと1番人気○ローレルゲレイロまで買ったのに、18番人気ムラマサノヨートーを「買うかどうか最後まで迷った末に切った」ために世紀の波乱馬券を外した悔しい思い。

こういう経験から、どんな頭のおかしい予想をしても恥ずかしくないレースなのが、このNHKマイルC。

いや、むしろ、人気薄馬を「さすがに来ないだろう」と思って切る方が恥ずかしいレース。

ウチでいえば、上記のように、2007年のムラマサノヨートー切ったのが恥ずかしいと思えるようになったら、このレースは獲れる。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! NHKマイルC
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:25 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)

2015年05月03日

馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(春)

さて、古馬の祭典、天皇賞(春)。

天皇賞といえば、古馬の最高峰として伝統と格式のあるレースではあるが。

近年は、長距離レースの格が下落して、このレースもすっかり「春のステイヤー決定戦」になってしまった。

春天は、近10年で1番人気の馬が勝ったのは2006年のディープインパクトのみ。

一方で、2ケタ人気馬は3勝2着2回という、GI屈指の荒れるレース。

伝統と格式もボロボロ。

これは、伝統と格式のあるレースと相性が悪いウチとしても、チャンスが回ってきたといえる。

というか、こんな荒れるレースは、ウチは獲らなくてはいけないレースである。

春天は、フルゲートなら荒れると言われてきたが、今年は7年振りのフルゲート割れ。

逆に何か起きてもおかしくないよね。


  ↓


馬券外して金スッた競馬予想『ばけ☆すた』! 天皇賞(春)
Posted by 藍ノ花 恵師 at 13:05 このブログの読者になる 更新情報をチェックする
Comment (0) ] [ TrackBack (0)